スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

WEBライターで月に30万円稼ぐ秘密とは?

スポンサーリンク

WEBライターで月に10万円稼ぐ方法WEBライターで月に20万円稼ぐ方法



以前に上記の2つを執筆しました。まだの人はご確認くださいませ。
今回は、さらに進んでWEBライターで月に30万円を稼ぐにはどうしたら良いかを記述していきます。
恐らく長くなるので2~3回に分ける予定です。

結論から言えば、WEBライターで月に30万円を稼ぐことは可能です。
しかし、それには

①長い時間をかけること
②効率よく作業を行う


これが絶対条件になります。それでは、早速①から確認していきいます。

■どれくらいの時間が必要なのかを知る

WEBライターで月に30万円を稼ぐには、長い時間を記事作成に充てなければいけません。
では、どれくらい1日に作業すれば良いのでしょうか?
大事なのが、自分が1時間にどれほどの記事を生産をすることができるか?ということです。
まずは、自分自身で計測をしてみましょう。

これは、記事単価によって大きく異なってきます。
ブログルポshinobiライティングのような場所では
記事単価は、そこまで高くはありません。しかし、承認は緩いのでサクサク書くことができます。
それでも、1時間がむしゃらにしても私の場合は1000円行けば良いほうです。

まずは、この時給1000円を稼げるという過程で、どれほど30万円稼ぐのに作業時間が必要なのかを
調べていきます。

■効率を図り、常に改善する


30万円稼ぐには、時給1000円でひたすら行ったとして、単純に300時間で30万円になりますね。
1日に10時間行うとしたら、30日あれば300時間になりますので、30万円貯まります。

違う考え方をしてみましょう。
1日に1万円稼げれば、1ヶ月休みなく働けば30万円稼げます。

やったーこれで私も30万円だー!めっちゃ稼いでる~~!!


・・・とはならないですよね?苦笑


純粋に考えてみてください。1日10時間を30日間行うことは相当しんどいですよね?
そして、WEBライターを少しでもしている人なら理解してくれると思いますが
常にフルパワーで執筆することは不可能です。ロボットじゃないからね!

休憩を挟んだり、生産性が落ちたりするので時給1000円を維持することは難しいです。
時給1000円ベースで、1万円を1日で稼ぐには休憩などを入れると12時間以上は必要です。

うーむ、これを30日やれと言われたらしんどいですよね
ですので、時給1000円ベースでは月に30万円を越すには難しいことが分かります。
難しいと分かりましたので、改善を図っていきます。

時給1000円では無理です。まず、この部分をどうしたら改善できるかを考えます。
WEBライターで月に20万円稼ぐ方法でも記載しましたが
WEBライターで月に30万円を稼ぐには、企業との契約はもはや絶対条件になります。

■企業の記事単価相場を知り、取捨選択を


WEBライターで月に30万円稼ぐには、企業との契約が必須だと知ることができました
ですが、企業だったらどこでも良いという訳ではありません。
実は、企業でも難易度の割りには記事単価が低い・・・ということは多々あります。

ここで、記事単価の相場を確認しておきます。

リライト・・・300文字:60円程度、600文字:120円
ブログライター・・・300文字:40円、600文字:80円
オリジナル記事作成・・・300文字:100円、600文字:200円、1000文字:300円
専門記事作成・・・600文字:600円、1000文字:1000円
1人でひとつのサイトのカテゴリーを作成:1文字単価2円程度。600文字:1200円


これが、企業の場合の記事単価の相場になります。難易度に応じて変わってきます。
この相場よりも下だった場合は、それは納期や書き直しなどのリスクを考慮すると
ちょっと低くなります。

企業と言えど、そこらへんをしっかりと考えて選ぶことが大事です。
それでも、ブログルポshinobiライティングに比べると圧倒的に記事単価が高いことが理解できます。
企業の依頼で多いのは、オリジナル記事作成になります。
キーワードを使って、自分の言葉で全く新しい文章を作成するという内容です。

ランサーズシュフティのようなサイトに登録している企業では
オリジナル文章を作成してくれる人を募集していることが多いです。
600文字:200円という数字が企業のひとつの目安になります。これよりも単価が低ければ見直しを
図るのが良いかもしれません。
では、これを踏まえて、企業での契約で月に30万円稼ぐにはどれほどの時間をかければ
良いのかを見ていきます。


■時給換算する癖をつけ、チェックしていく


企業では600文字:200円が相場でした。先ほどの記事作成サイトでは時給はせいぜい1000円です。
勘違いしている人も多いかもしれませんが、企業と言えど記事に求められるクオリティはそこまで
高くはありません。600文字:200円のオリジナル記事も厳しいことはありません。

ですから、慣れていけば1記事10分もかけずに書くことができます。
1記事10分では6記事かけますから時給に換算すると1200円になりますね。
これを10時間行えば1万2千円です。25日間働けば30万円稼げますね。
さきほどに比べれば週1日は休むことができそうですね!
ですがまだまだ足りません。これ以上の効率を求める必要があります。


さて、ここが今回の重要ポイントになります

1記事200円の案件を1時間にどれほど書くことができるのか?
時給に換算するとどれほど書くことを目標にするのか?


これを常に考え、作業をしていきましょう。
時給換算する癖をつけることは、WEBライターには必須スキルになります。
それを知らなければ、自分自身の生産性を知ることはできません。

そして、自分自身を向上させていかないと、30万円の壁を越すことは難しいです。
昨日より今日、今日より明日は記事を1記事でも多く書こうという気持が必要です。

■ここまでのまとめ


WEBライターで月に30万円を稼ぐに

①企業との契約は必須
②企業の記事単価を把握し、企業を選ぶ
③時給換算を常に意識し、改善を図る



これを今回は把握してください。次回は、これを踏まえたうえで、冒頭で記述した

②:効率よく作業を行う

にはどうしたら良いかを時給換算以外で切り込んでいきます~


←ひとつ前へ戻る(WEBライター上級編)><ひとつのジャンルを極めるへ→
スポンサーサイト
スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif
プロフィール

山猫

Author:山猫
在宅の仕事をして生活をしています。世の中には様々な環境があり、外で働きたくても働けない人も多くいます。

そんな人に、どうすれば在宅でお金を稼ぐことができるのかを自身が体験し、それを分かりやすくまとめました。

ここに書いてあることは、楽に稼げるものではありません。それでも、地道な行動が結果的にお金を稼ぐことに繋がります。

一緒に頑張っていきましょう!


※WEBライター同士のコミュニティ空間を開設しました。ここでWEBライターでの悩みなどを共有して頑張るチカラに変えてみませんか。

下記をクリックがタップすればコミュニティーに参加できます!
https://chatwork.com/g/2quil7ffr0cvl3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
質問箱
検索フォーム
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。