スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

タイトルや見出しは重要なの?

スポンサーリンク


WEBライターで記事を書く時に確認したいのが、タイトルや見出しの重要性ですね。


CROWDやブログルポなどの、クラウドソーシング型サイトで記事を書く場合には、見出しやタイトルなどは工夫する必要はありません。無難な記載で大丈夫なのです。


企業と契約して記事を作成する場合には、企業側から提示されるルールに則る必要があります。そこで見出しやタイトルでインパクトを与えることを優先しているのであれば、重要視しなければならないでしょう。


WEBライターと言っても、記事の内容によって書くスタイルが大きく変わります。その都度応用していく必要がありそうですね。


もし将来的に、アフィリエイトなどで収入を得たいと思っている場合には、記事タイトルや見出しは注意したほうが良い場合もあります。


ですが、巷に溢れているようなキャッチーなタイトルにする必要はないとは思うんですけどね・・・。


まず、どの層に向けて記事を書きたいのかを考える必要があります。


まとめサイト、バイラルメディアなどで記事を書く場合には、閲覧してもらうのが目的ですからタイトルは重要ですね。


「何コレすげー!今までに無い新感覚のスマホアプリがじわじわキテる・・・」


「【驚愕】世界最古のミイラが東京で発見された件」


「無重力になるってデマを信じたやつwwwwwwwwwww」



適当に今作りましたが、こんな風なタイトルで読者を釣るわけですね。中身というより、閲覧をしてもらうというのが目的ですので、こうしたタイトルが良いわけです。


ですが、私のブログのような場合にはキャッチーなタイトルは別に必要ありませんね。


ちょっと説明が難しいので分かりにくいかもしれませんが、自分が発信したい情報は、どんな人達をターゲットにしているのかを考えてタイトルや見出しを考えるようにしましょう。


まあ、WEBライターで記事を書く場合には、上記のようなコトはあまり考えなくて良いので、普通にタイトルなどは決めて大丈夫ですよ。




スポンサーサイト
スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

釣りタイトルは「商売道具」でも僕はいらないや

スポンサーリンク

WEBライターとして記事を書くにあたり、注意していることがあります。


それは「記事タイトル」です。


記事の6割はタイトルを見ただけで中身を見てくれません。そして中身を見てくれた人の2割は最初の書き出しでその先を読むのを止めるそうです。ということは、タイトルと書き出しでその記事を見てくれるかどうかが決まってしまう訳です。


記事は読者がいることで意味を持ちます。読み手がいなければいくら中身の質が良くても意味がありません。


このように考えると、物を売るのと似ていますね。商品である記事を売る(多くの人に読んでもらう)にはどうしたら良いか?と考えなくてはいけません。


そこで誕生するのが「釣りタイトル」です。


ヤフーのニュースアクセスランキングのトップはほとんどがゴシップ記事が占めます。政治や経済の記事はトップを記録することができません。これは何故かと言えば、タイトルが多くの人に興味をそそられるものを考えて記述しているからです。


「クリミア半島で軍事衝突1人死亡」

という、地政学的なニュース記事と

「カープのホームランガールに美人すぎる人妻が参入」

という記事があったとしたら、どっちがアクセスを狙いやすいか?という点ですね。


多くの人は記事を娯楽目的で観覧するのがほとんどです。時間がつぶせれば良いという考えを持っている人もいれば、タイトルの「人妻」などのワードに興味を持ってクリックしてしまう人もいるでしょう。


釣りタイトルは、読み手が興味を持つものを考えて取り入れます。つまりは、顧客のことをしっかりとリサーチしていることになりますね。相手のことを考えて行動している点では、マーケティング能力は高いんでしょうね。


まあ、WEBライターは依頼された記事を書いて提出するだけで良いので、そこまで記事タイトルに関しては深く考える必要はありません。普通に書けば良いので、興味をひきつけるようなタイトルにする必要はないんでしょうけどね。


個人的には、釣りタイトルはあまり使おうとは思いません。いくら釣りタイトルで記事を見てもらってもその中身がクソみたいな内容であれば読者を騙したことになり、その人がまた見てくれることはなくなるでしょう。


でも、記事を見てくれる人を多くしたいというのが目的であれば釣りタイトルは有効的でしょう。ある意味読者目線で記事を書いているということになりますからね。一般大衆がどんなタイトルだったら興味を持つのかを研究して、表示しているのですから。


自分が、どんな人を対象にして記事を書くのかによって、釣りタイトルを使うかどうかは分かれてくると思います。



釣りタイトルで記事を書く場合には、読者離れが発生するかもしれないというリスクが伴うことを覚悟しなければいけませんけどね!



この記事を釣りタイトルにするとどうなるんだろう・・・?


「人妻でホイホイ釣るカラクリにはこんな秘密があった!」


「美人すぎる天使すぎるは商売道具だった!知られざる心理合戦を探る」


「おっぱ○で人は釣れるのか?」


うーん、私にはセンスがないようで・・・(笑)

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

記事のタイトルを誇張することは裏切り行為

スポンサーリンク

WEBライターは記事を書いて報酬を貰う仕事です。

記事には、必ずタイトルが付いています。
その記事の内容を簡単に表したものですね

このタイトル、実はとっても大事な文章です

ネット上に蔓延する記事のうち8割は、中身を見てくれないと言われています。



その中でも6割が、タイトルを見ただけで
中身を見ないと言われています。

これを考えると、いかにタイトルで読者を惹きつけ
そして、中身でさらに魅了させるかが問われる訳ですね


今回は、「タイトルの工夫」について考えてみましょう。


■タイトルは自然に



WEBライターは顧客から依頼されたキーワードを使って
記事を書きますね。

依頼主からタイトルが決められている場合もありますが
大体は、自分でタイトルを考えて記述するタイプになります

そこで悩むのが、「タイトルはどうしよう・・・」というものです

タイトルが与えるインパクトは大きいものです。
それがあまりにもショボいものであれば、
中身を見てくれないかもしれません。

それでは、せっかく書いた記事も無駄骨になってしまいます
かといって、懲りすぎたタイトルも不自然になってしまい
逆効果になります。タイトルを決めるのはとても難しいものです

しかし、WEBライターで依頼された記事を書く場合に、
そこまで依頼主も気にしてはいません
タイトルに悩む必要はなく、ごく自然に書けばよいのです

たとえば、キーワードが「脱毛」 「エステ」なんかの場合では

タイトルにもキーワードを記述することが多いので

「脱毛はクリニックよりエステのほうが良い理由」

こんな感じのタイトルでも、全く問題はないです


上記の記事を凝った風に書くと

「気軽に脱毛し気軽に美しくなれるエステの魅力とは?」

「脱毛するならエステが良い3つのワケ」

「エステで脱毛する人が急増中!その理由とは?」


なーんか、↑の風に書いたらクリックしちゃいたくなりますよね?笑


でも、WEBライターが記事を書く場合には、こんなにタイトルで
誇張する必要はありません。

誇張したタイトルを、「キラキラタイトル」と呼ばれているそうです笑

自然なタイトルをつけてあげればそれで良いのです



■同じタイトルはNG



同じキーワードで記事を書いていくと
タイトルがどうしても同じ様な内容になってしまいます。

こればっかりは、ある程度は仕方がないことだと思います
ですが、同じタイトルにすることだけはNGです!

タイトルは人の名前みたいなものなんです
でも、同姓同名の人はいますよね?

しかし、その同姓同名の人の人生がまったく同じなわけないですよね
進む道も違うでしょうし、結婚する人も違うでしょうし

ほとんど名前も歩んだ人生もそっくりだという人はいないと思います

タイトルもそれと同じです

タイトルが同じで、中身がまるっきり違うのであれば問題ないですが
しかし、そうするとそのタイトルが逆に不自然になりますよね

同じタイトルにするということは
「同じ記事が複数存在する」と捉えられてしまいます

これは、依頼主は望んではいないハズです。
ですので、同じタイトルを書くことはNGです



タイトルを工夫することは、記事の中身を見てもらう為には
非常に重要な要素になります。

WEBライターであろうとも、多少なりとも工夫をすることは必要です。



しかし、あまりにも誇張することは
読者を騙すようなスタイルになると思います。

それは一番してはいけないことでしょう。

タイトルは、その記事の名前。中身は性格。文章構成は身体を表します。

でも、これだけあっても、動くことはできませんね。
活躍することはできません。

ここに、読者が「命」を与えることで、記事は意味を持ちます。

その「命」を与えてくれる読者を、誇張しすぎたタイトルで
騙してしまっては、その記事の寿命はすぐに終わりを告げます。


読み継がれていく記事のタイトルを見ると
どれもが自然に書かれているものばかりです。

タイトルは多少工夫することは必要ですが
小手先のテクニックだけでは、長生きすることはできないのです。

WEBライターとして求められているのは、
あくまでも、自然なタイトルを添えることです。

それを心がけておけば、何の問題もありません。
スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif
プロフィール

山猫

Author:山猫
在宅の仕事をして生活をしています。世の中には様々な環境があり、外で働きたくても働けない人も多くいます。

そんな人に、どうすれば在宅でお金を稼ぐことができるのかを自身が体験し、それを分かりやすくまとめました。

ここに書いてあることは、楽に稼げるものではありません。それでも、地道な行動が結果的にお金を稼ぐことに繋がります。

一緒に頑張っていきましょう!


※WEBライター同士のコミュニティ空間を開設しました。ここでWEBライターでの悩みなどを共有して頑張るチカラに変えてみませんか。

下記をクリックがタップすればコミュニティーに参加できます!
https://chatwork.com/g/2quil7ffr0cvl3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
質問箱
検索フォーム
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。