スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

モチベーションを上げる必要性

スポンサーリンク

記事を書く上で「モチベーション」はとても大事になります。常に、向上心を持って毎日を送ることは重要だということは誰にでも理解することができます。しかし、それを常に実行できていると感じる人はどれほどいるのでしょうか?


恐らくそこまで多くはないでしょう。モチベーションを高く維持していくことは簡単なようで難しいです。モチベーションを上げることは良い記事を執筆する上で必要です。また、1日で稼げる金額も、モチベーションによって大きく左右されていきます。


記事を執筆していると「お、今日は何だかスラスラ書けているなー。これなら目標は達成できそうだな!」って感じる時があります。一方で「うーん・・・。今日はイマイチ頭の回転が悪いな。それに面倒になってきちゃったし・・・」と思う日もあります。


人間ですから、感情は常に一定という訳にはいかないですよね。ただ、この難しい感情をコントロールできるかどうかが、仕事の成果に繋がっていきます。


皆さんは、モチベーション3.0論というのをご存知でしょうか?




ハーツバーグという人が、1960年代に米国ビッツバーグで、多数の働く人に「仕事をする上で、どんな事がモチベーションを上げさせ、どんな事がモチベーションを下げさせているか?」というインタビュー調査を実施しました。

この理論は仕事の成果がモチベーションによって左右されるということを裏づけする大きな成果になったのです。


その後、↑の著者であるダニエル・ピンクが、ハーツバーグの理論をさらに発展させていきました。そうして「モチベーション3.0論」が完成したのです。


モチベーションは1.0から3.0まで存在し、3.0を維持できる人というのが、社会的にも貢献できる人に成長できると位置づけをしています。簡単にですが、モチベーションの段階を見ていきましょう。


モチベーション1.0:生活の為に、お金の為に仕事をする

モチベーション2.0:怒られるのが嫌だから仕事をする

モチベーション3.0:自分がしたいから仕事をする


まあ、これを見てもらえば一目瞭然ですが、ポジティブ思考になっているのはモチベーション3.0ですよね。自分から率先して仕事に取り組む姿勢というのが、成果に結びつく結果になっているという訳です。


こうしてみると、モチベーションを上げて仕事をするということは、生産性を向上させるだけではなく、日々の生活においても良い影響を与えるのではないかと思います。


記事を執筆する上で、モチベーションを上げて取り組むことは重要なことです。できれば、モチベーション3.0を自分の中で作り上げていきたいものですね!



この本はオススメですよ!私は、自分のモチベーションが下がっているなって感じたらすぐに読めるようにしております。


スポンサーサイト
スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif
プロフィール

山猫

Author:山猫
在宅の仕事をして生活をしています。世の中には様々な環境があり、外で働きたくても働けない人も多くいます。

そんな人に、どうすれば在宅でお金を稼ぐことができるのかを自身が体験し、それを分かりやすくまとめました。

ここに書いてあることは、楽に稼げるものではありません。それでも、地道な行動が結果的にお金を稼ぐことに繋がります。

一緒に頑張っていきましょう!


※WEBライター同士のコミュニティ空間を開設しました。ここでWEBライターでの悩みなどを共有して頑張るチカラに変えてみませんか。

下記をクリックがタップすればコミュニティーに参加できます!
https://chatwork.com/g/2quil7ffr0cvl3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
質問箱
検索フォーム
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。