スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

WEBライターが身につけるべき「解説型」のまとめ!

スポンサーリンク

前回まで続きとして、WEBライターが頻繁に記述するであろう「解説型」の記事について解説していきました。

2~3回に分けてしまったので、ここで一度簡単にまとめていきたいと思います。


■3つの中身とは?

WEBライターが記述するであろう記事には


1:解説型


2:提案型


3:体験型



この3つがあります。その中で、今回は1番の「解説型」にスポットライトを当てて、記事の書き方を含めて詳しく解説していきました。


■3つの記事構成のまとめ

解説型の記事を書く場合、記事構成について内容に合わせて選んでいく必要があります。記事構成に関しては、取り扱うジャンルや場面に応じて上手に使い分けることが重要です。


解説型の記事を書く上で、WEBライターが覚えておく構成は


A:結論型


B:ストーリー型


C:要約型



この3つになります。ですが、一番書く頻度が多くなるのが「ストーリー型」になるのではないでしょうか。


ストーリー型のほうが、読者の興味を惹きやすいので最後まで読んでくれる可能性が高いです。結論型は、とてもスッキリしているのですが若干使いどころが難しいので、WEBライターに慣れていない人は、「ストーリー型」が良いでしょう。


■タイトルと小見出しは最後に記述しよう!

WEBライターに慣れていない人や、記事を書くのが苦手だという人は「タイトル」や「小見出し」は、何を書けば良いのか難しいと感じる場合が多いものです。


小見出しは、その章で述べたい事柄のまとめを記載し、タイトルは記事全体のまとめを記載します。


ここで言うまとめとは、「で、結局何が言いたいの?」の「何」に該当する部分になります。


タイトルを見れば、その記事で扱う内容が分かり、小見出しを見れば、その章で書かれている内容が理解できるのが理想です。


簡単なように思いますが、タイトルや小見出しを的確に表現するのは結構大変です。何回も記事に触れて慣れていく必要もあるので、最初は苦労して当然だと私は思いますね。


そのため慣れるまでは、記事を書き終ってから小見出しやタイトルの記載を考えていくのが分かりやすいでしょう。すると、何を記述していけば良いのか、自然と理解できるようになるのでスムーズに記事を書くことができます。



これで一旦、「解説型」の記事解説は終了とします。


次は「提案型」について触れていく予定です。提案型は、WEBライターが記載する機会は少ないかもしれませんが、知っておくことで記事に味わいが出てくるので面白いですよ!


それでは、また2~3回に分けると思いますが、お付き合い頂けたら幸いでございます~。





スポンサーサイト
スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

WEBライターなら知っておきたいタイトルの書き方

スポンサーリンク

WEBライターが頻繁に書くであろう、「解決型」の記事について2回ほど考えていきました。まだ前回からの記事を閲覧していない人は、リンク貼っておきますのでそちらからどうぞ!

http://pyureri.blog.fc2.com/blog-entry-312.html

http://pyureri.blog.fc2.com/blog-entry-316.html


さて、今回は誰もが悩む「タイトルと小見出しの付け方」について見ていくことにします。


■小見出しで読者の理解度が増す

WEBライターで、CROWDやブログルポをしているとタイトルは当然として小見出しを書くこともありますよね。この小見出しには、何を記述すれば良いのか最初は悩んでしまう場合もあるでしょう。


小見出しは基本的に、その段落で伝えている内容をまとめたものを書きます。小見出しを見れば、その段落で伝えたい事柄が把握できるのが理想です。


読者に分かりやすく、「この章では、こんな内容を説明しますよ」と伝えるのが小見出しの大きな役割になります。この存在があるだけで、記事の理解度が違いますし読みやすい記事に変身するのです!


■記事の最後にタイトルと小見出しを書く!

タイトルや小見出しに何を記述すれば良いのか、WEBライターの経験がほとんど無い人は難しいですよね。意味不明なタイトルや見出しになっていたら恥ずかしいですし、「本当にこんなので良いの?」と不安にもなります。


記事を書くのに慣れてきたら特に意識する必要は無いのですが


「タイトルや小見出しは記事の最後に記述する」


という方法が便利です。


■最後に記述することでズレを防ぐ

記事を全て書き終えてから、段落で記載している内容を小見出しとしてまとめ、1記事で伝えている内容をタイトルとしてまとめるのです。


最初にタイトルも小見出しも決めてしまうと、記載する内容に制限がかかりますし、出来上がった記事がいつの間にか、タイトルや小見出しとは関係ないものに仕上がっている場合もありますよね。


だったら、記事を全て書き終えてから小見出しやタイトルを付けたほうが、ズレも無くなりますし伝わりやすいタイトル等を付けることができます。


ただ、これをすると記事を書いている時に話が変な方向へぶっ飛んでしまうのではないか?と考えるかもしれません。


やってみると分かりますが、案外タイトルや小見出しを最後にしても、中身にそこまでの変化はありません。逆にタイトル等に捉われずに記事を書けるので、スムーズに書き出せると思いますよ。


■キャッチーなタイトル等は不要!

WEBライターで、CROWDやブログルポを利用して記事を書いている場合は、タイトルはそこまでこだわる必要はありません。


「豆乳がダイエットに効果的だと考えられている理由」

「豆乳とダイエットの関係性について」

「ダイエットをするなら豆乳を用いるべき理由とは?」


こんな風なタイトルでも、何ら問題はないでしょう。記事の内容に沿っていれば、大丈夫です。


小見出しについても


「食物繊維の働きで便通が良くなる」

「大豆に含まれるイソフラボンとは?」

「朝食前に豆乳を飲むと効果的!」


などのように、段落で記載されている内容をまとめれば大丈夫です。CROWDやブログルポなどでは、タイトルや小見出しはそこまで重要視していませんから、考えすぎる必要はないでしょう。


■おわりに・・・

WEBライターでタイトルや小見出しに何を記載すればいいのか分からない場合は、


「タイトルや小見出しを最後に記述する」


という方法を用いると、悩むことも少なくなるでしょう。


記事を書くのに慣れていない人は、タイトルや小見出しの記述に苦戦する場合が多いです。そんな時は、今回紹介した方法を試してみることをオススメします!





スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

知らなきゃ損!記事構成で欠かせない3つのタイプ

スポンサーリンク

http://pyureri.blog.fc2.com/blog-entry-312.html

前回の続きになりますので、閲覧をしていない人は↑のリンクからどうぞ!


この前は、WEBライターが多く書くであろう「解決型」の記事における、語尾の重要性を考えました。


CROWDやブログルポなどでは、「ですます調」で書いてけば問題はありません。もし企業と契約して記事を書くのであれば、クライアントの希望通りに記述する必要があります。


■3つの記事構成

さて、今回は記事の体とも呼べる「構成」について触れていきます。


記事構成には、大きく分けて


1:結論型


2:ストーリー型


3:要約型


この3つに分類されます。


■シリアスな雰囲気になる結論型

結論型とは、結論を最初に示し、詳しい説明をして最後に結論をもう一度触れるという組み立て方になります。


解決型の記事の構成として「結論型」を用いる時は、内容が少し重くシリアスな場合が良いでしょう。病気や保険、経済や政治などがその代表ですかね。


■WEBライターが一番押さえておきたい記事構成

ストーリー型は、解決型の記事を書くうえで欠かせない構成になるかもしれません。WEBライターとして記事を書く際に、一番お世話になるのが「ストーリー型」でしょう。


結論型では、少し重たい内容を用いる場合が多いですが、ストーリー型はもう少し軽い話題の時に使われます。


美容やダイエット、子育てや恋愛などなど。


■ニュースで用いられている要約型

要約型は、WEBライターはあまり関係ないかもしれません。もし使う機会があれば用いてみるのも面白いかもしれませんが、とある業界では「要約型」が出来ていなければ、お話にならないとも言われます。


それは報道機関です。要約型は、ニュースで伝えられるような少ない文字数で、要点だけを伝える特殊な書き方です。これを用いるような記事を、WEBライターが書くということはあまりないでしょうね・・・。


■3つの記事構成の例

ここまで3つの記事構成について触れていきました。WEBライターとしては、ストーリーと結論の2つの記事構成を覚えておけば問題はないでしょう。


以下では、それぞれの記事構成を用いた例を示すので考え方の参考にしてくださいね。結構長くなってしまいましたが・・・。


--------------------------------------------------------


A:結論型


「貯蓄を投資へ」の大号令で始まったNISA。2015年1月で1年を迎えたが、現状は厳しい結果を残している。

というのも、開設された口座のうち約半数が休眠口座、つまり全く使われていないのだ。話題が先行し開設をしてみたものの、結局貯蓄を投資に回さずに放置されているのだからたまらない。

2年目を迎える今年は、正念場の1年となりそうだ。


★小見出し1(結論の中身)厳しい結果の内容

年間100万円までの投資なら、株式等の売却益や配当が非課税になるNISA。当初は口座開設数が予想以上の伸びを記録し、大きな期待がかかっていた。

だが、2年目に開設口座の稼働状況を見てみると、55%もの口座が全く稼動していないことが判明。証券業界も予想以上の稼働率の低さに頭を抱えているのが現状だ。


★小見出し2(結論の中身)休眠口座が多い理由

口座を開設した人は、「テレビCMを見て、開設しようと思った」「強い勧誘に断れなかった」という声が多い。

話題だけが先走り、NISA口座のメリットやデメリットといった理解が遅れているのも理由としてありそうだ。顧客対応に遅れが発生しているとも、証券会社の関係者は語っている。


★小見出し3(結論の中身)正念場での対応

2年目を迎えるNISAだが、各社は新規顧客を獲得するべく力を入れている。新規顧客のターゲットとなるのが、女性や若年層など投資に興味や関心が薄い層だ。

一方、ネット証券に限ってみればNISA口座の稼働率は60%を超えている証券会社もある。手数料や安かったり、気軽に投資ができるネットの利点を活用し、投資信託の販売強化が検討されている。

さらに、昨年末からの株価上昇は投資環境として良好。この追い風モードを利用し、一気に顧客獲得に乗り出したい構えだ。


平成28年には、非課税枠が120万円に増え、さらに子供版NISAも始まる。2年目の今年は、成果を問われる節目の年となるだろう。

---------------------------------------------------------------------------

B:ストーリー型

2014年1月からNISAがスタートしました。証券会社や銀行は大々的にPR活動を続けて、顧客勧誘に積極的でしたよね。

2015年1月で2年目を迎えていますけど、その現状はどうなっているのでしょうか?


★小見出し1(現状の説明)

2014年末までにおよそ400万ものNISA口座が開設されました。そして実際に取引に利用された口座は180万程度と半分に届かず、約45%程度の稼働率に留まってしまったようです。

確かに、最初は騒がれていたけど少しずつNISAの話題って無くなっていきましたよね。それでも半分近くが稼動しているというのも、大きな成果のように思います。

しかし、主要証券会社の当初の予想とは大きく違っているようです。


★小見出し2(対応と世間の声)

主要証券会社としては、当初60~70%程度の稼働率になるだろうと分析していました。しかし結果は45%と半数にも届きません。

理由として、NISA口座を開設してから日経平均株価が下落したことや、NISA口座の事務手続きに時間がかかり、開設までに日数を要することなどが挙げられています。

また、開設した人の声を聞いてみると、「強い勧誘を断れなかった」「流行に乗ろうと思った」というように、とりあえず開設してみようと考えている人が多い現状もあります。


★小見出し3(対応手段)

そんなNISA口座ですが、平成28年からは非課税枠を今までの100万円から120万円に増やし、子供版NISA口座の開設も決定しています。

さらに女性や若年層など、投資に興味の無い層にも積極的に顧客開拓に力を入れています。2014年秋ごろから、株価も上昇していますので投資環境は良好ということもあり、こうした背景を利用して2年目を目指すようです。


1年目は厳しい結果に終ってしまったNISA。2年目は、様々な取り組みを行うようですから、注目していきたいですね。


------------------------------------------------------------------------------

3:要約型

2014年1月から開始されたNISA口座が、2015年1月で1年を迎えました。口座開設数は400万口座を達成しましたが、実際の稼働率は半分にも届かないおよそ180万口座。

各証券会社は早くも正念場を迎えています。


★小見出し1(要約の詳細)

今年2月4日に発表された報告によりますと、NISA口座は2014年末までに413万口座が開設され、実際に取引をしている口座は184万口座と全体の45%程度に留まりました。

原因は、NISA口座を開設する手続きに時間がかかりスピーディな対応ができなかったこと。また、株価が一時的に下落し、投資環境としては良くなかったことなどが挙げられています。


2年目を迎える今年は、投資に興味をあまり抱いていない女性や若年層の開拓を進めるとしています。また平成28年には子供版NISAの開設や、非課税枠を現状の100万円から120万円に増やすことを決定しました。

厳しい初年度を迎えたNISA。巻き返しを誓い正念場の2年目へ突入です。


------------------------------------------------------------------------------

思いつきで書いたので、変なところがあるかもしれませんがご了承ください(汗)。


■構成が変わると捉え方も違う

このように、内容は同じでも記事構成が違うと捉え方が変わってきますよね。ブログやニュースのように、最初に要点をまとめるような記事にする時には、「要約型」が一番理想でしょう。


ただ、WEBライターでは「ストーリー型」を用いるのが一番無難ではないかなと私は思います。実際に、私が記事を書く時にも「ストーリー型」が一番多いですからね(この記事も一応ストーリー型になっております・・・)。



解決型の記事を書く際には、記事構成は大きなポイントになります。語尾と併せて考えていきましょう。







スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

解決型の記事は語尾が生命線!?

スポンサーリンク

少し更新が遅くなりました・・・。


抱えきれないほどの仕事が舞い込んできており、2月は嬉しいことに繁忙期となりそうですヽ(TдT)


確定申告もしなければならない時期ですが、今回は3月になりそうな予感がしております。


さて、以前に少し説明をすると言って放置をしていた「WEBライターが覚えておくべき3つの記事のカタチ」に触れていこうと思います!


今回は、一番記述する頻度が高い「解決型」について説明をしていきます。長くなると思うので、2~3回に分ける予定であることをご了承ください・・・。


■読者の「?」を解決する

解決型の記事を、何故WEBライターが記述する頻度が高いのかと言えば、ブログやサイトが訪問する読者の疑問を解決することを目的として作られている場合が多いからです。


WEBライターは、他のクライアントからの依頼を受けて記事を書きます。どういった内容であれ、読者が「参考になった」と感じる記事を書いて欲しいという依頼は多いものです。


クライアントとしては、読者がリピーターになってくれるか、ソーシャルメディアで拡散をしてくれることを期待している訳です。そして、誘導サイトに導くか、広告収入を得ることで利益を出しているんですね。


まあ、クライアントがどう扱おうが、WEBライターとしては関係ないことですが、背景としてはこんな感じですね。


では、読者の疑問に答える記事はどんなアプローチで仕掛けていくのが効果的かを見ていきましょう。


■語尾は大切?それとも・・・

記事の「雰囲気」を変えるのは語尾ですね。ほとんどのクライアントでは「ですます調」を基本として、記事を書かなければいけません。


サイトの雰囲気や取り扱う記事の内容によって、臨機応変に変えていくのが本来の方法ですが、クライアントの意向に沿わなければならないので、WEBライターとしてはそこまで考える必要はないかもしれません。


しかし、「解決型」の記事を書くのであれば語尾は必ず意識をしてください。もし「ですます調」という括りがなく、自分で語尾を選べるのであれば、記事の内容によって柔軟に変化させることが、読者に与えるインパクト面から考えても重要です。


■語尾で雰囲気は大きく変わる


例えば、「ダイエット」に関する記事を書いている場合・・・。


A:「ダイエットが長続きしない」と考えている人は多いのではないでしょうか?実は、ダイエットが長続きしない人は、自分に合った方法ではない可能性が高いと言われています。どうすれば自分に合うダイエットを見つけることができるのか、その点について説明していきます。


B:「ダイエットが長続きしない!」と考えている人って多いよね・・・。ダイエットが長続きしない人は、自分に合った方法じゃない可能性が高いんだって!!

「じゃあ、どうすれば自分に合うダイエットを見つけることができるの?」こんな気になる部分について説明していくよ!


C:「ダイエットが長続きしない」と考えている人は多いのではないだろうか?実は、ダイエットが長続きしないと考えている人は、自分に合った方法でない可能性が高いと言われている。では、どうすれば自分に合うダイエットを見つけることができるのか、説明していく。


・・・


Aが「ですます調」、Bが「口語体(話し言葉)、Cが「だ、である調」となります。


同じ内容を記述していますが、こう並べてみると感じ方、受け止め方が大きく異なりますよね。自分がどんな風に伝えたいのかによって、語尾を変えてみる大切さが分かるでしょう。


今回は、ここまでにしておき、次回は記事の構成部分について触れていきますよ!





スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif
プロフィール

山猫

Author:山猫
在宅の仕事をして生活をしています。世の中には様々な環境があり、外で働きたくても働けない人も多くいます。

そんな人に、どうすれば在宅でお金を稼ぐことができるのかを自身が体験し、それを分かりやすくまとめました。

ここに書いてあることは、楽に稼げるものではありません。それでも、地道な行動が結果的にお金を稼ぐことに繋がります。

一緒に頑張っていきましょう!


※WEBライター同士のコミュニティ空間を開設しました。ここでWEBライターでの悩みなどを共有して頑張るチカラに変えてみませんか。

下記をクリックがタップすればコミュニティーに参加できます!
https://chatwork.com/g/2quil7ffr0cvl3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
質問箱
検索フォーム
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。