スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

2014年の感謝と来年に向けて

スポンサーリンク

仕事納めとか私には全く関係なく、ただひたすらにパソコンに向ってカタカタしたりしています・・・。


WEBライターとして記事を書いてお金をどうすれば稼げるんだろう?と悩んでいる人も多いかもしれませんね。


働きたくても理由があって外で働けない環境の人は多くいます。外で働けない人にとって、在宅で仕事ができるWEBライターは魅力的でしょう。


時間的に余裕があれば、20万円近くは稼げると思います(私が実際に稼いでいる)。


育児や家事などもあり、まとまった時間が取れない人でもパート程度のお金(8万円くらい)は稼げます。


しかし、「お金稼げるからWEBライターやろうぜ!」と言っても、記事を書いたことがない人は抵抗を感じるでしょう。


「本当に大丈夫なのかな?」と心配になることもあるかもしれません。


私も、会社を退職してWEBライターとして働こうと思ったときは、記事をまったく書いたことがありませんでした。もうズブの素人状態だったんですよね・・・。


それでも、どうにか生活するぐらいは稼げるようになりました。なので、記事を書くのが苦手だったり、全く書いたことがない人でも大丈夫ですよ!


とは言っても、記事を書くコツやノウハウなどを知らない状態では不安も多いでしょう。現在、私も試行錯誤ですが「WEBライター」として記事を書く時の重要な点に触れた練習問題を作成しています。


年明けから少しずつ進めていこうと思っていますので、よろしくお願い致します。


-----------------------------------------------------------------------


外で働けない人にとって、在宅で仕事ができるのは魅力的ですよね。アンケートモニターやポイントサイト、データ入力なども最近は充実していますので、そういった方面に手を出してみても良いかもしれません。


ただ、私も上記に挙げた3つは全部最初のころ試したのですが、全く稼げませんでしたけどね・・・。お小遣い程度が欲しいという場合は考えてみても良いかもしれません。


※年末ということもありますので、時間的に余裕を持っておられる人がとても少ないでしょうから、以前私が紹介したオススメのサイトなどを最後の掲載しておきますね!


------------------------------------------------------------------------


最後に精神的な話を少し・・・。


企業は効率を求め、生産性を上げることに必死です。経費をできるだけ抑えて経営を続けることに命を懸けています。


特にフランチャイズのコンビニや、薄利多売が主流になってきたスーパー、差別化が難しいドラッグストアなどの現場は、経費(人件費)をできるだけ抑えた中での運営をしています。


パートとして働くとしたら、小売業での品出しやレジなどを考える人も多いかもしれませんね。子供が大きいならばまだマシですが、小さい子供を持つ母親は厳しい現実が待っています。


子供が風邪を引いてしまうのは仕方がありません。免疫力も弱いですからね。


病院に連れて行くために、どうしても早退しなければならなかったり、お休みを頂かなければならないこともあります。


しかし企業側は嫌な顔をしてきます。


「ただでさえ少ない人件費で回しているのに、1人欠けたらどうなるか分かっているのか?」


なーんて顔をされるんですよね。


いや、そんなことは母親だって分かっています。分かっているけども、ツラい気持ちの中で話しているわけです。


そして次の日に職場に行くと、しらけた雰囲気になっているのです。母親の味方は誰もおらず。


家事に育児に仕事に頑張っているのにこの始末。


私はこの光景を何度も会社に勤めているときに見てきました。実際、子供を育てるだけで母親は精一杯なのに、それにプラスして働いているだけで素晴らしいコトですよね。


それなのに、子供が風邪を引いて看病できる人が誰もいないから休むという仕方ない理由
なのに、許されないわけです。


もう、母親は外で働かないほうがいいなと感じましたね。こんなツラい思いをするぐらいならば、働かないほうがいいですよ。ほんとに。


だから在宅でお金を稼げる方法を、色々と私は提供しています。働きたくても、外の環境が悪すぎて働けない母親のために。


そして、精神的な疾患で、人とのコミュニケーションが上手くとれない人のためにも。


これも病気だから仕方ないのに、「引きこもり」とか「自分に弱いだけだ!」と見当違いなコトを言う人が多いです。


これも私は近くで見てきましたが、ヒドいもんですよ。じゃあ自分がその人の環境になれと言いたいぐらいです。


様々な理由で、本当は働きたいのに外で働けないという人は多いんですよね。そうした人々のためにも、私はひとつでも多くの情報を伝えていけたらなと思っています。


2015年もどうぞよろしくお願い致します!



※オススメサイト

■記事作成サイト

1:CROWD:http://www.realworld.jp/crowd/

2:ブログルポ:https://www.blogrepo.net/

3:shinobiライティング:http://crowd.biz-samurai.com/


■データ入力

ネットエントリー:http://www.onecoin.co.jp/free/detail.html?id=00020079


■WEBライターとして企業と契約するなら

1:SOHOじんざい市場http://s.j-ichiba.jp/jinzai/

2:@soho:http://www.atsoho.com/

3:シュフティ:http://www.shufti.jp/



スポンサーサイト
スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

稚拙な文章という上から目線な捉え方について

スポンサーリンク




記事は芸術の一部だと私は考えています。音楽、美術、映画などと同じで明確な「答え」のない世界です。


逆を言えば何でもあり。その人にしか表現できない世界観を出すには、時として人々が「え?」と思うような演出なども組み込まれます。


そして芸術は、「自分が楽しむ」という範囲内であれば、尚更自由です。自分しか聴かない、見ない、読まないのだから、それこそご自由にどうぞ。となるわけですね。


ただ人間は周囲から評価されることに快感を覚える生き物です。自分の範囲内で楽しんでおけば何ら問題ない作品を、外部(他者)に発信していきます。


「自分の脳内にある世界を他の人と共有したい。社会問題をこの映像をきっかけにして考えてもらいたい(映画)」


「誰も知らない音と音の融合を楽しんでもらいたい。聴く者を感動させて明日を輝かしいものにさせたい(音楽)」


「写真では表現できない、自分の脳内のキャンパスを描きたい(美術)」


多くの人に聴いてもらえる、見てもらえる、感動してもらえるコトが、結果的に多くの人に感動を与え共感を得て、評価されていると感じることができるのです。


自分と他人は、感動する部分、共感できるポイントが大きく違います。自分は「素晴らしい」と思っていても、他人は「なんだこの駄作は・・・」となり、人気を獲得できないわけですね。


記事も同じですね。日記やメモのように自分しか読まない場合は、どんな内容でも良い訳です。


しかし、多くの人に読まれるコトが前提にある場合には、「他者の目」を気にしなければなりませんね。発信する以上は評価を気にしなければなりませんからね。

------------------------------------------------------------------------


そこでタイトルの「稚拙(ちせつ)な文章」に触れてみたいと思います。


稚拙とは「幼稚で未熟」を意味しており、簡単にいえば「子供っぽい文章」ということになるのでしょうか。


WEBライターで記事を書く時に、読みやすい書き方などを意識するかもしれません。すると、ネット上では「読みやすい書き方として~」と、色々な方法が紹介されていますね。


「稚拙ではダメ。漢字の多用はダメ。1文は短くしないとダメ。接続詞や指示語の多用はダメ」


文章を書くのに慣れている人であれば、ダメダメ言われても理解はできます。


しかし、書き慣れていない人が、いきなりダメダメ言われたらもうお手上げ状態ですよね?


「読まれやすい文章を作る」のって、かなり難易度の高い作業だと思います。それをいきなり追求しても難しいでしょう。


野球の素人がプロ投手からホームランを打とうとしているようなもんですよ。


紹介されている「読まれやすい文章を作る方法」などは、分かりきっていることなんですよね。そんなことは百も承知なんですよ。


書かれていることは、野球で例えれば「向ってくるボールを打ち返し、ポールの内側の観客席に入ればホームラン」と言っているようなもの。


それは分かっているんですよ。知りたいのは、どうやればホームランを打てるかってコト。


それには、基礎体力をつけて筋力をつけて、素振りをして・・・。基本的な練習が欠かせませんね。


記事を書くというのも、練習が必要なワケです。


ネット上で書かれているのは、「読まれやすいと一般的に言われている記述方法」であり、そこにどうやって到達すればよいかの「練習方法」を教えているわけではありません。


それなのに「稚拙な文章はダメ(こうしたらホームランだ)」とまるで上から目線のように解説しているんですから、失笑ですよ。そんなことは誰だって分かっているのに・・・。


「読みやすい文章を作成できるまでの練習方法」を一番知りたいのではないでしょうか?


ボールがここに飛んでいったらホームラン。ではなくて、その場所まで飛ばすまでの過程を。


記事が上手く書けないと悩んでいる人は、基礎的な練習をすっ飛ばしている可能性があります。上手に書きたいならば、それ相応の練習が必要です。


しかし、その練習方法を紹介しているようなサイトなどは見かけませんので、このブログで少しずつ解説していけたらなと思います。




スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

犬好きにとっておきな記事作成サイト!

スポンサーリンク

このブログでは、外で働きたくても働けない人へ向けて、自宅でもパート程度のお金を稼ぐ方法について紹介をしています。


主にWEBライターに方向性を絞って記載しており、ブログルポやCROWDなどのサイト、企業と契約する際に便利な仲介サイトを紹介してきました。


記事の書き方や、稼ぐ金額に応じた方法なんかも載せていたりします。詳細は、カテゴリーから記事を閲覧してもらいたいのですが、このブログの趣旨はそうしたところにあります。


さて、WEBライターで記事を書く時に、「自分の得意なジャンル」を確立させるのはとても大切ですね。キーワードに沿って記事を書く訳ですから、そのジャンルに精通しておけば、読者が「なるほど」と感じる記事を書けます。


これは素晴らしいメリットとなり、記事を作成するスピードも向上します。好きな分野を見つけ、ある程度詳しくなっておくのはWEBライターにとって必要な能力かもしれませんね。


とは言っても、今まであまり詳しくない分野ばっかりの記事作成も疲れてしまいますよね。できれば、自分が好きなジャンルで書いていきたいものです。


そこで今回紹介するのは、とあるジャンルに重点を絞って記事作成ができるサイトになります。


それが「ポチライター」です。


ポチライター:http://pochiwriter.com/


ポチライターは、犬に特化した記事作成の依頼を受けてライティングする、クラウドソーシング型のサイトになります。


犬に関する専門的な記事、簡易的な商品紹介レビューやブログ風の実体験レポートまでの幅広いテーマがあります。


CROWDやブログルポなどとは違い、全てが専門的な記事になりますので犬が好きな人、飼っている人、知識が豊富な人などは書きやすいかもしれません!


冒頭でも記述しましたが、WEBライターにとって好きなジャンルで記事を書けるというのは、それだけでメリットです。


犬が好きな人は「ポチライター」というライティングサイトがありますので、参考にしてみると良いかもしれません。


--------------------------------------------------------------
★ポチライター基本情報★


文字数:募集するテーマ毎に異なる。300文字もあれば600文字もあり。


画像・動画:1記事に1枚以上は画像を添える。動画はなくても良い。記事によっては、画像が必要ない場合もあり。


報酬:月末締めの翌15日払い。15日が土日の場合は休み明け。指定銀行への振込み。

※:累積の報酬額が2000円を超えた場合にのみ支払。

例:1月1日~1月31日まで3000円稼いだら、2月15日に支払。

  1月1日~1月31日まで1500円稼いだら、翌月へ繰越。


--------------------------------------------------------------






スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

急に投稿数が増えたような・・・気のせい?

スポンサーリンク

kataribeですが、もうひとつ新しい傾向が見えてきたように感じます。


ここ4~5日ほどkataribeを観察していたのですが、何だか投稿数がめっちゃ増えているような・・・。


私が参加したての頃は、新着投稿を見ても、私が投稿した記事ぐらいしか表示されず、他の人は全然参加しているような感じではありませんでした。


過去を遡っても、そのような傾向は続いているように感じていたので、最近の投稿数の激増には驚きを隠せません!


学校が冬休みに入ったなど、何かしらの影響があるのかもしれませんけどね・・・。


ここ数日でも、結構な数の投稿がkataribeでされています。その中で買取を貰っているのは、新着お題として登場した「英会話」に関するものがほとんどでした。


そして「冬の旅行」がいくつか買取されていたぐらいで、後は全くのスルー。中には質が素晴らしい投稿もありました。文字数もほどほどで、分かりやすく伝わってきます。


まだどうなるか分かりませんが、そういったものも12月23日現在で買取はされていません。


新しいお題は、買取されやすいというのは何となく分かりますが、ここまで顕著だとは思いませんでしたね。


もちろん、それ以外というのもあり得るとは思いますが、現状を見てみると、買取されやすい記事は「英会話」という新着のものですね。


確か、私が投稿したときは「クリスマスデート」と「冬の旅行」というものが新着でした。それらはほとんどが買取されていたような気もしますね。


しかし、美容や豆乳、お風呂なども買取されていたので、新着だけとは限らないようです。



1日で買取してくれる記事数の制限ぐらいはあるでしょう。投稿が多いとそれだけ買取してくれる可能性は、低くなってきてしまうかもしれませんね。


もうちょっと様子や実験をしてみて、何か分かったら報告しますね!





スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

「勉強始める前に掃除する」そんな記事ですごめんなさい・・・

スポンサーリンク

1万、1億、1兆・・・とそれ以降も単位は続いていくのですが、これは中国からきたものでアメリカやドイツなどではまた違った読み方をしています。全世界にバラバラな基準があり統一をする気配はありません。

そんな中、日本では「無量大数」という単位が一番大きいということになっています。下記に無量大数までの単位を記しておきます。







兆(ちょう)
京(けい)
垓(がい)
?(じょ)
穰(じょう)
溝(こう)
澗(かん)
正(せい)
載(さい)
極(ごく)
恒河沙(ごうがしゃ)
阿僧祇(あそうぎ)
那由他(なゆた)
不可思議(ふかしぎ)
無量大数(むりょうたいすう)


こんな風になっているんですね。日常的には兆ぐらいまであれば十分なようにも感じますが、昔の人の好奇心は旺盛だったようです!一生使うことはないだろう単位までつけていたのです。


注意が必要なのは、「無量大数=無限」ではないということです。日本ではこれ以上が無いのでどうしても無限だと思ってしまうのですが勘違いです。


「華厳経(けごんきょう)」とよばれる仏教の中では、無量大数をはるかに上回る単位までも
存在しています。とりあえず、華厳経で使われている数の単位について見ていきましょう。






洛叉(らくしゃ)
倶胝(くてい)
阿由多(あゆた)
那由他(なゆた)
頻波羅(びんばら)
矜羯羅(こんがら)
阿伽羅(あから)
最勝(さいしょう)
摩婆羅(まばら)
阿婆羅(あばら)
多婆羅(たばら)
界分(かいぶん)
普摩(ふま)
禰摩(ねま)
阿婆鈐(あばけん)
弥伽婆(みかば)
毘ら伽(びらか)
毘伽婆(びかば)
僧羯邏摩(そうがらま)
毘薩羅(びさら)
毘贍婆(びせんば)
毘盛伽(びじょうが)
毘素陀(びすだ)
毘婆訶(びばか)
毘薄底(びばてい)
毘きゃ擔(びきゃたん)
称量(しょうりょう)
一持(いちじ)
異路(いろ)
顛倒(てんどう)
三末耶(さんまや)
毘睹羅(びとら)
奚婆羅(けいばら)
伺察(しさつ)
周広(しゅうこう)
高出(こうしゅつ)
最妙(さいみょう)
泥羅婆(ないらば)
訶理婆(かりば)
一動(いちどう)
訶理蒲(かりぼ)
訶理三(かりさん)
奚魯伽(けいろか)
達ら歩陀(たつらほだ)
訶魯那(かろな)
摩魯陀(まろだ)
懺慕陀(ざんぼだ)
えらい陀(えいらだ)
摩魯摩(まろま)
調伏(ちょうぶく)
離きょう慢(りきょうまん)
不動(ふどう)
極量(ごくりょう)
阿麼怛羅(あまたら)
勃麼怛羅(ぼまたら)
伽麼怛羅(がまたら)
那麼怛羅(なまたら)
奚麼怛羅(けいまたら)
べい麼怛羅(べいまたら)
鉢羅麼怛羅(はらまたら)
尸婆麼怛羅(しばまたら)
翳羅(えいら)
薜羅(べいら)
諦羅(たいら)
偈羅(げら)
歩羅(そほら)
泥羅(ないら)
計羅(けいら)
細羅(さいら)
睥羅(へいら)
謎羅(めいら)
娑ら荼(しゃらだ)
謎魯陀(めいろだ)
契魯陀(けいろだ)
摩睹羅(まとら)
娑母羅(しゃもら)
阿野娑(あやしゃ)
迦麼羅(かまら)
摩伽婆(まかば)
阿怛羅(あたら)
醯魯耶(けいろや)
薜魯婆(べいろば)
羯羅波(からは)
訶婆婆(かばば)
毘婆羅(びばら)
那婆羅(なばら)
摩ら羅(まらら)
娑婆羅(しゃばら)
迷ら普(めいらふ)
者麼羅(しゃまら)
駄麼羅(だまら)
鉢ら麼陀(はらまだ)
毘迦摩(びかま)
烏波跋多(うはばた)
演説(えんぜつ)
無尽(むじん)
出生(しゅっしょう)
無我(むが)
阿畔多(あばんた)
青蓮華(しょうれんげ)
鉢頭摩(はどま)
僧祇(そうぎ)
趣(しゅ)
至(し)
阿僧祇(あそうぎ)
阿僧祇転(あそうぎてん)
無量(むりょう)
無量転(むりょうてん)
無辺(むへん)
無辺転(むへんてん)
無等(むとう)
無等転(むとうてん)
不可数(ふかすう)
不可数転(ふかすうてん)
不可称(ふかしょう)
不可称転(ふかしょうてん)
不可思(ふかし)
不可思転(ふかしてん)
不可量(ふかりょう)
不可量転(ふかりょうてん)
不可説(ふかせつ)
不可説転(ふかせつてん)
不可説不可説(ふかせつふかせつ)
不可説不可説転(ふかせつふかせつてん)


無量大数は「算学啓蒙」において登場した最大の単位。


不可説不可説転は「華厳経」において登場する最大の単位です。なので厳密には単位が違っていますが、こう見ると、無量大数なんてカスなように感じますね。


ちなみに、無量大数は一般的に10の68乗。1のあとに0が68個つきます。


不可説不可説転は10の37218383881977644441306597687849648128乗。

1のあとに0が37澗2183溝8388穰1977?6444垓4130京6597兆6878億4964万8128個つきます・・・。


※参考

兆(ちょう)
京(けい)
垓(がい)
?(じょ)
穰(じょう)
溝(こう)
澗(かん)


子供が遊んだとしても、0をここまで書くことなんてできないでしょう。そして現実世界においてここまでの数字はなんら意味を持つことはないようにも感じます。

華厳経では、不可説不可説転は悟りを開くことの大変さ、素晴らしさを途方も無い単位として表しているようです。



※余談


アメリカでは、「グーゴル」と呼ばれる単位が1920年に誕生しています。これは、10の100乗を1つの単位としています。1のあとに0が100個つく数字です。

無量大数よりもはるかに大きいですが、不可説不可説転からみると可愛らしい数字になります。


ただ、このグーゴルはさらに上があり、「グーゴルプレックス」があります。10の1グーゴル乗上乗せした数字(10の10の100乗)であり途方も無いものです。


これは、不可説不可説転の270那由他(なゆた:10の60乗)乗した数字に近いものであり、1グーゴルプレックスは不可説不可説転よりも大きい単位になりますね・・・。

ここまでくると、0をずーーっと書いていくと観測されている宇宙の直径よりも長くなるようです。また、1秒に2文字書ける人がいたとしても、現在の宇宙の年齢(およそ137億年)に10の82乗(無量大数よりも大きい)の年数が必要とのこと。

書くスペースがこの宇宙上にはないし、0を書ききるだけの寿命を持っている生物も現段階ではいないのです。それだけ意味不明な単位だということですね・・・。



まだまだあります。「グーゴルプレックスプレックス」は、10の1グーゴルプレックス乗(10の10の10の100乗乗乗)です。


・・・


数の単位はどこまで続いていくんでしょうかね。「グーゴルプレックスプレックス」だって無限というワケではないので、これ以上を付け加えることも可能でしょう。


そうそう、検索エンジンとして愛用されている「google」ですが、「グーゴル」という単位のスペル(googol)を命名者ラリー・ペイジさんが綴り間違いをしたことで「google」になったそうです。


検索で得られた結果は想像を超える(想像できないほど膨大な数字=グーゴル)ものであってほしいなんて願いが込められている・・・のかもしれませんね!


・・・


ここまでにしておこうと思ったのですが、ついでなので1よりも小さい単位についても見ていきましょう。


1より小さい単位は野球ではバッターの打率などで表されています。3分3厘などですね。


実はこれ以上に小さい数字もしっかりと単位として名前が付けられています。大きい数字と同じように仏教から用いられた用語なので難しい言葉になっていますが知っていると面白いですよ!



分(ぶ)  
厘(りん) 
毛(もう)
糸(し)   
忽(こつ) 
微(び)   
繊(せん)  
沙(しゃ)  
塵(じん)
埃(あい)  
渺(びょう)
漠(ばく)  
模糊(もこ)
逡巡(しゅんじゅん)
須臾(しゅゆ)
瞬息(しゅんそく)
弾指(だんし)
刹那(せつな)
六徳(りっとく)
虚空(こくう)
清浄(せいじょう)
阿頼耶(あらや)        
阿摩羅(あまら)       
涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)



こちらは、これ以上は存在しないようです。最小単位である涅槃寂静は、仏教用語で「煩悩の炎の吹き消された悟りの世界は静かで安らぎがある境地」であるということを指しているようです。


不可説不可説転と同じように、どんどん悟りに向っていく用語になっているんですね・・・。




スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

記事の構成で大切にする点とは?

スポンサーリンク

記事の構成に正解はないと私は考えています。伝える内容によって、構成は変化しますし、結局のところ何が正しいのか分からないからです。


----------------------------------------------------------

1:「最初に結論を書いて、その後は補足説明をする。最後に軽く触れる」


Aさんはかっこいい・・・結論


なぜか?


■Aさんはイケメンコンテストで優勝した・・・「理由1」(見出し)


■Aさんは性格が優しく女性に人気がある・・・「理由2」(見出し)


だからAさんはかっこいいのだ・・・まとめ


-----------------------------------------------------------


WEBライターで説明するような記事を書く場合には、上記の構成を採用する人が多いと思います。



-----------------------------------------------------------


2:「ストーリーのように仕立てる。最後はちょっとしたまとめ」



クラスでAさんはとても人気がある。女性からモテモテだ。でも、なんでそんなに人気があるのだろう?何が基準になっているのか調べてみた。「序論」


どうやら先日にイケメンコンテストが行われたらしく、そこで優勝したみたい。多くの女性がAさんをかっこいいと判断したのだから、人気が高いのも頷ける。


女性の口コミによれば、Aさんはマメにメールもするし女性の話を真剣に聞いてくれるらしい。そんな男性はクラスではAさんぐらいしかおらず、性格が素晴らしいと評判だ。「本論」


なるほど。だからAさんはクラスで人気があるのか。顔もよくて性格も素晴らしければ、モテるのも無理はないだろう。


Aさんがモテる理由について調べてみたら、いくつか見つかった。女性はAさんのような男性に好意を抱くことも知ることができた。男性諸君はAさんを参考にすればモテモテになれるかもしれない。「結論」


--------------------------------------------------------------


WEBライターで記事を書く人の中には、「2」のタイプを使う人もいるかもしれません。私はどちらかと言えば、こちらを多用している感じがします・・・。


また、WEBライターで書く記事の内容にもよりますが「起承転結」を意識して書く必要はありません。記事を書き慣れていない人や、頭でっかちの人が


「文章は起承転結を大切にしましょう」


なんて言いますが、コレを意識したらほとんどの記事は意味不明になります。



----------------------------------------------------------------

「起承転結で(2)の文章を書いてみると・・・」


題名:「Aさんは魅力的という情報を入手して感じたこと」

[起]

Aさんは魅力的とクラスの女子の間で人気なようだ。顔もよく、頭脳明晰で、性格も優しいのがその理由と言われている。


だが、本当にそうだろうか?そんな人は世の中にたくさんいるだろうし、クラスで見てもAさんだけとは思えないからだ。

[承]

女子の意見を見てみると、Aさんは泣いている女性がいるとすぐに駆けつけて「何があったの?」と頭を撫で撫でしながら優しく聞いてくれるそうだ。


また、愚痴に対しても真剣に聞いてくれる。そして難しい数学の問題も、先生よりも分かりやすく答えてくれたりするようだ。

[転]

一見女子の意見は一理あると思う。だが、私は違う考えだ。


まず、いきなり女子の頭を撫で撫でしたら嫌がるのではないだろうか?


そこを嫌がらないという時点で、その人はAさんに多少の好意があると感じることができる。もし私がいきなり頭を撫で撫でしたら、「セクハラ」と言われそうだ。


優しく問題を教えられる人が、たとえばAさんではない人だとしても「ステキ」と思えるのかは、疑問が残る。もし私だとしたら「うざい!」とキレられる可能性はあるからだ。

[結]

Aさんが魅力的として女子の間で人気があるのは、単に顔がよく、頭脳明晰で性格が良いだけではない可能性が高まった。Aさんには違う「要素」があり、人気が高いのだろう。


その理由は何なのか、検討する必要はありそうだ。


------------------------------------------------------------------


元々起承転結では、小論文や読書感想文など限られた場面で用いられるものです。WEBライターは、基本的にキーワードを使ってオリジナルな説明文章を記述します。


それなのに「私」という主観的な内容が入っているのは、ちょっとマズいですよね。まあ、私は記事の構成はその人の「個性」が出る部分ですから、それぞれの書き方というものがあっても良いとは思っていますけどね。


WEBライターで記事を書く場合には、基本的には「1」と「2」のどちらかの構成を使って書けばほとんどは大丈夫でしょう。


どの構成が自分にとってしっくり来るのかは、何度も書いて確かめるしかありません。まずは、記事をいっぱい書いて慣れていきましょうね!



次回は、記事を書き始める際の注意点について、少しだけ触れていきますね!




スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

CROWDの可能性は?

スポンサーリンク

どうやら、CROWDが「70万人突破キャンペーン」なるものを開始したようです。


7日間限定で(12月24日まで)、1記事書くと100ポイント余分に貰えるんだとか!100記事書いたら、なんと1万ポイントも余分に貰えちゃう!!


これはさっそく書きまくるしかないぞっ!


・・・


と、思ったけど。



CROWDの100ポイントって、10円なんだよね。1万ポイントって1000円なんだよね。


まあ、何も無しよりかは嬉しいけどさ。



70万人突破キャンペーンの割にはケチってますのう。

50万人だか60万人の頃のキャンペーンは、もっと盛大だったような気がしたんだけどなあ。


在宅でしか働けない人にとって、そして記事を書いてバイト並みのお金を稼ぎたいという人にとって、CROWDのような存在はとても重要です。


是非頑張っていただきたいですね!



※CROWD:http://www.realworld.jp/crowd/



PS:以前ブログでお伝えした、記事作成を募集する件ですが、来年の頭ぐらいには開始できる予定でございます。


その時は別途ご報告させていただきますので、よろしくお願い致します。




スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

記事は「提案」か「発信」に絞ろう!

スポンサーリンク

さて、kataribeの記事を前々回から2回続けて書いてきました。まだの人は、そちらから

お読みくださいね!


前回のちょっとしたおさらいですが、「女性が興味のあるジャンル」を重点的に書いてみ

るのが良さそうという話でしたね。


今回は、「内容」について、私がこれまでスポンサーから買取をされた経験から少し触れ

ていこうと思います。思い込みなども入っているので、あくまでも「参考」程度に考えて

おいてくださいね!


■「提案型」と「発信型」の文章を意識する


WEBライターは基本的に「読者目線」で記事を書きますね。細かくは機会があれば説明し

ていきますが、WEBライターが書く記事には「解決型」と「提案型」、そして「発信型」

というものがあります。


これらでは、それぞれ記事の中身、構成具合が違ってきます。


私がkataribeで記述している記事は、主に「提案型」と「発信型」になります。


特徴としては、「提案型」が何かを紹介するような、新しい角度からの情報提供を意識し

た中身となります。(牛乳とコーラ混ぜると美味しい!とか)


そして「発信型」は、自分が体験した中での出来事を書いていきます。(こんなダイエッ

トをして、○キロ痩せた!とかね)


ちょっと得する情報、読み物として丁度良いと感じる内容などを意識します。


■オリジナル写真があるといいらしい


kataribeでは、オリジナルの写真などを載せると体験談ではリアリティが出るので買取率

が上がると公式に発表がありました。それは確かにその通りかもしれませんね。


文章だけでなく、画像というイメージがあればより理解が深まるのは確かでしょう。最近

は著作権フリーの画像などをまとめたサイトなどがありますよね。


そうしたところから、画像をダウンロードして添付してみるというのも良いかもしれませ

ん。私も実際に、kataribeでは著作権フリーの画像を使用しております。


イラスト専門や動物専門など、ジャンル別でも色々とあるみたいですけどね。


一応、私が使用している著作権フリーの画像取得サイトを掲載しておきますので、参考に

してみてくださいね。(かなり有名なので、知っているかもしれませんが)


簡単にまとめると・・・。


・kataribeで書く記事の中身は「提案」か「発信」タイプが良い。


・体験談であればオリジナル画像、それ以外ならイメージが沸く著作権フリーの画族を使用するのが良い。



ということになりますね。


以下に私が買取を貰った、「提案」と「発信」の記事を添付しておきますので、どんなも

んだか参考にしてみてください。


「提案型」:https://yamaneko.katari.be/S3gTI92d?ga=1.241955458.1271910691.1418514307


「発信型」:https://yamaneko.katari.be/j1PQ2Lqi?_ga=1.242873730.1271910691.1418514307


画像フリーサイト:http://www.ashinari.com/







スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

女性が興味ありそうなジャンルが良さそうだよ!

スポンサーリンク

以前お伝えしたkataribeですが、2日に1記事ぐらいの頻度で投稿をしています。


※kataribe:https://katari.be/

買取基準が曖昧で、どういった内容ならば買い取ってくれるのか分からないので、色々と試してみているわけです。


先日に、3記事買い取ってくれて全部で9記事買い取ってくれました。これだけで9千円だから、まあお小遣いぐらいにはなるかな?


そして傾向のほうが何となく分かってきたので、少し触れようかなと思います。


まず、投稿した記事はtwitterやfacebookで拡散することができます。そのまま、「ツイート」ボタンを押しても良いのですが、「ソエンド」という兄弟企業にログインしてツイートしたほうがお金を稼げます


「ソエンド」ではkataribeで投稿した記事を、ツイートする際に広告を載せます。それがクリックされたらフォロワー数に応じて収入を得ることができるという仕組みになっています。


もちろん、企業側(kataribeやソエンド)は記事中にある広告をクリックしてもらったほうが儲かるわけですから、より多くの人がツイート(広告を閲覧)してくれるような記事を欲しがっているわけですね。


そして、アンケートを取ったわけでも、調査をした訳でもないので、ここから先は私の勝手な推測になるのですが・・・。


twitterなどをマメに閲覧している人って女性が多いように感じるんですよね。そのため、トレンドを見ても芸能人の結婚や離婚、猫や犬の画像や動画、美容、健康、ダイエット・・・。


そういった「女性」が興味を持ちそうなものが多いです。


その傾向と、kataribeが欲している(多くの人に閲覧してもらえそうな)記事を総合的に判断すると、浮かび上がるのが「女性が興味を引く、持つような記事」になります。


そこで、kataribeにおいて女性が興味を持ちそうなお題を中心に書いてみることにしました。


私が取り組んだのは、「旅行」「デート」「美容」「健康」「ダイエット」「結婚」などのジャンルです。


そのジャンルで12個ほど記事を書いたら、9記事は買い取ってくれたんですね。結構高確率ですよね。なぜかヨーグルトだけは無視されていますが・・・。


というか、買取された全ジャンルが、上記の「女性が興味を持ちそうな」記事だったんですよね。


他のオーサー様が投稿して買取されている記事を見ても、その傾向は読み取れるのではないかなって思います。もちろん、その他のジャンルでも買取はされているんですけどね。



WEBライターとしては、クリック単価を狙うというのも良いですが、やはり買取をしてもらって1記事が1000円になったほうがいいですもんね!


・・・・・・


今回は、ジャンルという面で考えていきました。次回は、どういった「内容」が買取をされやすいのかを考えていきたいと思います。



スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

kataribeは1記事1000円で買取してくれるよ

スポンサーリンク

12月頭に、1つのあるサイトを見つけました。そこは記事を投稿し、スポンサーがその記事を買取してくれたらお金を貰えるというスタイルでした。


案件にもよりますが、1200文字までの記事が1つ買い取られたら1000円貰えます。そして記事には広告が掲載されており、誰かがそれをクリックしたら、広告収入まで貰えるというスグレモノ。


ただ、買い取られたらクリック収入は発生しないという条件が付いています。そして、報酬が5000円を超えたら振込みをしてくれるので、最低でも5記事は買取をしてもらう必要があります。


私は12月5日に、記事を投稿しました。4記事中4記事が買取されて驚きを隠せませんでした!


何しろ、1記事10分もかけずに適当に書いたのに買取をされたものですから・・・。30分ぐらいで4000円の報酬でしたから時給にしたら6000円は軽く超えるのでは?!


しかし、嫌な予感もしていました。5000円を超えないと振り込み依頼ができないという現状があるので、4つまでの買取ではあと一歩届かない。


だから、4記事までは誰でも買取をしてくれてそれ以降は、ほとんどしてくれないのではないだろうか?


そんな不安もありましたが、とりあえず8記事ぐらいを投稿してみました。そして、12月10日ぐらいにそのうち2記事が買取されたので、現在6000円となり振込み可能ラインに達成しました。


それを確認できたので、皆さんに紹介します!怪しいところではなく、しっかりと記事は買い取ってくれますよ。


それが「kataribe(カタリベ)」というサイトです。


kataribe:https://katari.be/

しかし、わからないことがあります。


色々と試してみてはいるのですが、「買取基準」が不明です。


決して文字数が多ければよいという訳ではありません。写真や動画などを載せると、買取率が上がるようですが、それも定かではありません。


私も、体験談風やポエム風など色々と記事内容を変えて試してはいるのですが、いまいち傾向を掴みきれません・・・。


ただ、美容や健康、デート、旅行など女性に支持されるようなジャンルは買取が高いような気もします。ですがよく分かりません。


「kataribe」で公式記事として投稿された内容によれば


・自分で撮影した写真が用いられている。

・体験談である。

・起承転結がしっかりしている。

・他の角度から誰も思いつかなかった内容が書かれている。

・「なるほど」と思われる内容である。


・・・


とか書かれていたけど、そんなの「ほとんどの記事が当てはまる」じゃん!


というわけで、実際のところ何が基準になっているのか曖昧です。このサイトでめっちゃお金を稼ぐことはできませんが、月に1万円ぐらいならば十分に達成できるのではないでしょうか?


私は「やまねこ」という名前で活動しています。


サイトの「オーサー」という欄から「やまねこ」を見つけてクリックやタップをすると、私が投稿した記事が確認できます。


買取の参考にでもなれば幸いです。しかし、文字数も少ないので「これで1000円貰えるの?!」と驚くかもしれません。


それが「kataribe」の面白いところですよ。



スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

WEBライターに朗報かも?!~長文です・・・~

スポンサーリンク

最近のSEOはどうなの?


WEBライターは、何故記事を書いて納品するだけでお金が貰えるのでしょうか?最初はとても疑問に思っていたのですが、段々その辺りが理解できるようになりました。


自分でブログやサイトを運営していて、そこに投稿するための記事を書いて欲しいという需要があります。そこで、WEBライターが供給という形で記事を納品するという訳ですね。需要と供給のバランスがそこに組み込まれているのです。


記事を書いている人なら分かって来ると思いますが、自分の記事には個性があります。クセとでも言いましょうか。その人の独特の言い回し、語彙の選び方、構成の仕方。とにかく、個性が出てくるのです。


魅力的な記事、相手にわかりやすく伝えられる内容にするにはどうすれば良いか?疑問に感じている人も多いでしょう。


私は、記事にしっかりと自分の「個性」が入っているかどうかが大事なんじゃないかな?って思うんですよね。


大雑把に言えば、記事もひとつの芸術です。絵画、映画、音楽などのように「人の心を動かす」ことができる力を持っています。


そして芸術には答えがありません。音楽に正解はないですよね。絵にも模範解答はありません。映画も絶対に売れる方法なんて存在しません。


正解がなく、何が正しいのか誰にも分かりません。それが芸術に多くの人が魅力を感じる部分でもあります。


では、記事に「読者を惹きつける方法」という誰もが知りたい「答え」を探すのは、無謀だということになりますよね。私もそうだと思っています。


だからこそ、「個性」が大切になってくるんですよ。小説でも、太宰治や夏目漱石、芥川龍之介、川端康成など、もうお亡くなりになって随分経過しても、中身が色あせることはありません。


そこには「個性」が詰まっているからです。人の心を惹きつける、読者を惹きつけるには、その人が持つ「個性」がなければ難しいのではないでしょうか?

「タイトルがー、小見出しがー、キーワードがー、文法がー、誤字脱字がー」


ガーガー言われていますが、ソコじゃないんですよね。大事なところって(もちろん大切ですけどね)。


いかに、記事の中身に自分の個性を入れているか、他の人では書けない一面が出ているかが、読者を惹きつける最大のポイントになるのではないでしょうか?


---------------------------------


さて、だいぶ長くなりましたね(笑)


冒頭の「最近のSEOはどうなの?」というところに、ようやく結びつけることができます。


googleアルゴリズムは年々変化をしてきていますね。以前は相互リンクやSNSでの「いいね」の評価、googleページランキングなどが効果的だと言われていましたね。


ですが、パンダやらキリンやらキツネやら分かりませんが、アップデートが行われるたびに、順位を決める重要な部分が変更していっているようです。


私は、キーワードがどれぐらい入っているのかや、サイトの滞在時間というものも、あまり意味をなさないのではないか?と考えています。


今後googleアルゴリズムは、今回の本題でもある「記事がもつ個性」を重要視してくるのではないかと思うんですよね。


WEBライターに記事を依頼している人は、もしそうなったら痛い目を見るでしょう。個性が大切になってくるならば、自分で書かなければいけなくなります。


しかし、個性はそう簡単に身につけられるものではありません。何度も何度も記事を書かなければなりませんから大変なんですよね。


ということは、WEBライターとして頑張っている皆さんは、パート程度(8万ぐらい?)のお金が欲しいというのであればこのまま書き続けるという道もあります。


しかし、もっと上(20万、30万)を目指すならば個性を磨き、ステップアップをするチャンスだと思います。


WEBライターとしてお金を稼ぐのは、あくまでも記事を書く練習、通過点だと思う気持ちが大切です。そこで培ったものは、他の人には得られない自分の財産になっていきます。


自分にしか書けない個性溢れるブログやサイトなどを自然と運営できるようになるのですから。そしてgoogleアルゴリズムが「個性」というものを重視してくれるようになれば、結構いい線いけるんじゃないですかね!(希望ですが・・・笑)


適当に書いているこのブログでも、私の「個性」が記事の中に入っていると感じています。もし違う人がゴーストライターとして書いたら気付くんじゃないかな~?


検索していて、調べ物をしている時も、ふと立ち寄ったサイトに書かれている記事にどうも「自分らしさ」を感じた経験が何度もあります。そして、過去に提出した記事から探してみると、やっぱり自分が書いているんですね。


またまた長くなりました(笑)もう終ります。


WEBライターで、安い単価でコツコツとやっている皆さん(私も)は、もしかしたらスゴイ可能性を秘めているのかもしれません。


記事に答えはない。惹きつけるのは「個性」だけ。そして個性を身に付けるのには、いくつもの記事を書かなければいけない。=WEBライター?!


コツコツ頑張って書いていき、ステップアップしちゃおーぜ!!






スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

この技術は習得したいなー(皮肉)

スポンサーリンク

クソみたいな情報商材の宣伝が、私のメールに流れ込んできました。もう、何度もこういった商材案内は来ていたので、騙されることはありませんが、ひとつだけ感心したことがあります。というより、勉強になったというか・・・。


それが、「結論言いそうなんだけど、曖昧なまま内容が無い文章を作るセンス」です。


もう、ズバ抜けて逸材なんですよね、そのどれもが・・・。


実際に例を見てもらったら分かると思いますので、載せておきますね。メールアドレスを入力して送信をしない限りは、閲覧する分には問題ないと思いますので・・・。


http://new-realbiz.com/lp02/repeat01/


見てもらえば分かりますが、文字数が多くて色々と書いてあるように思えます。ですが、簡単にまとめると


「お金稼ぐのって面倒じゃん?でも、オレって天才だから新しい方法みつけっちゃったんだよね。その証拠がコレ(預金通帳)!オレってスゲーだろ!!」

内容のカケラもありません。それだけで、よくここまで文章を作れるなと感心してしまいますよ。ホントーに。


そして、興味をそそるような甘い言葉を選ぶセンスも素晴らしいですよね。どうすれば、弱い心の人を惹きつけられるのかを知っていますよ。そんなところは勉強熱心なんでしょうねぇ。


月に1回の行動で確実に300万円も稼げる方法が、本当に実在するなら、誰も教えません。身内にならコッソリ言うかもしれませんが、ネット上に蔓延る赤の他人に1000%教えません。


この絶対的なルールが分かっていれば、クソ商材に騙されることはないでしょう。


「いや、私は本当に困っている人を助けたいんです!アフィリエイトで稼げない人を救いたいんです!私が実践して月に100万円稼いだ方法を教えたいんです!」


なるほどなるほど・・・


まず、月に100万円もアフィリエイトで稼いでいる人が、わざわざメンドーな作業(動画撮影や画像編集、記事作成)をして商材を作り、1万円そこらで販売するメリットがありませんよね。だったら、その時間でもっと稼ぐよね。


FXの詐欺商材もそうですね。


1回の投資で何百万円も利益が出ていると豪語しているのに、2万円そこらの商材のためにせっせと宣伝をしている。


この矛盾に気付くかどうかが大事ですよ。


「特殊なツール、誰も知らないノウハウ、未開拓市場・・・etc」


こんな言葉で人々を釣り、お金を貰っているんです。


アフィリエイト、FX、せどり、ネットワークビジネスなどで、100万円以上稼いでいるのに、商材を販売しているようなところは、根拠の無い情報しか発信していないので無視が一番。


やっぱり地道に行動して、失敗しながらも試行錯誤していたほうが、結局は一番の近道なのかもしれませんね。



PS:そうそう、振り込まれた預金通帳を画像として掲載している人や、FXなどで利益がコレだけ出たと、取引明細を画像でアップしているような人を見かけたら「残念な人」と覚えておきましょう。


昔から人を信用させる詐欺師が使う常套手段とされているので気をつけてくださいね~。






スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

10文字3000円で記事を買取してくれる夢のような企業?が登場!!

スポンサーリンク

「記事買取」で何気なく検索したら、美味しい話が登場したのでご紹介します。


何と、10文字程度の文を作成するだけで、最低3000円で買い取ってもらえるのだとか!


さらに、何記事でも投稿してよいので、1日に10記事でも100記事でも投稿し放題!それでも、最低1記事3000円は支払われるので、10記事で3万円、100記事で・・・30万円!!!


10文字で3000円貰えるなら、私なんかどうなるんだ!


600文字の記事を50記事以上は書いているんだぞ。


100文字3万円ということは、600文字で18万円・・・。


それが、1記事18万円だから、10記事で180万円・・・。


ん?50記事ということは、180万円×5・・・?


あれ、おかしいな・・・


きゅうひゃ・・・くま・・・んえん?


なんと、600文字の記事を50記事書いている私は、1日で900万円も稼げるという計算になります!!!


10日働けば9000万円、20日働けば1億8000万円。

月収約2億円、年収で24億円。

10年やれば240億円だコノヤロー!


そんな夢のような記事買取サイトを以下に記す!

http://kattori.com/_ARTICLE/ADFCGA2.php



・・・・


まあ、そんな訳はないんですよね・・・。明らかな詐欺サイトでした


金額がおかしすぎるから騙されなかったけど、600文字600円とか言われたらホイホイ付いていったかもしれません・・・。


何でも、記事を自動生成するツールを使って作成しなければいけないらしく、そのツールが有料なんだとか。


通常は18万円するのを、現在はセール中で1800円ぐらいで買えるらしい。


完全に舐めておりますね。ベロベロ状態ですね。


記事書くのは大変なんだぞ!


という訳で、上記のサイトに行き着いたとしてもダマされないでくださいね!


しかし、10文字3000円はあまりにも・・・





スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif
プロフィール

山猫

Author:山猫
在宅の仕事をして生活をしています。世の中には様々な環境があり、外で働きたくても働けない人も多くいます。

そんな人に、どうすれば在宅でお金を稼ぐことができるのかを自身が体験し、それを分かりやすくまとめました。

ここに書いてあることは、楽に稼げるものではありません。それでも、地道な行動が結果的にお金を稼ぐことに繋がります。

一緒に頑張っていきましょう!


※WEBライター同士のコミュニティ空間を開設しました。ここでWEBライターでの悩みなどを共有して頑張るチカラに変えてみませんか。

下記をクリックがタップすればコミュニティーに参加できます!
https://chatwork.com/g/2quil7ffr0cvl3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
質問箱
検索フォーム
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。