スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

世間体を気にするなって言われても…。WEBライターで生活をしていて思うこと

スポンサーリンク

世間体を気にするなとは言うけれど、妻の職場の仲間や友人、親戚から「あなたの旦那さん、ずっと家にいて大丈夫なの? 今の仕事で生活できているの?」と言われたことを聞かされると、落ち込みます…。


私はレールの上から外れ、周囲が真っ暗で足元に何があるかわからないところを歩いています。光も一切なく、向かっている道が正しいのか、もしかしたら後退しているかもしれないそんな状況。


夏や冬のボーナス、お盆や年末年始の休みなどのニュースを目にすると、胸がズキズキと痛みます。人とは違う道を歩みたいと考えての行動ですから、ある程度は覚悟ができているつもりですが、ふと「ああ、サラリーマン生活のほうが楽だったかな」なんて思っちゃう。


光が見えない、足元にレールが敷かれていないのがこんなにも不安になるのか、経験してみると本当に実感します。


戻ろうと思えばまだ28歳だから、サラリーマン生活に戻ることも可能でしょう。ですが外で働きたくても働けない人に、少しでも自宅で稼げる可能性を提供したいという気持ちに変化はありません。


これからも、様々な分野をチャレンジしてそのことを伝えていければと思います。チャットワークでは個人的な質問、情報の共有などもできてきました。少しずつではありますが、前進していけることを目標にします。


少し前ですが、輝いている人を見るのがツラい時期がありました。あまりにもまぶしくて輝いていて、自分とは大きく異なっていることに愕然とし、見るのが精神的な苦痛になっていたんですね。


今はずいぶんと落ち着いてきましたが、自分の環境が上手くいっていないときほど、そう感じてしまうのかもしれません。


まだまだ目の前は暗闇で、歩いている方向が正しいのか不明です。後ろを振り返れば、灯りのついている道が遠くまではっきりと見えていますが、その距離も遠くなってきました。


暗闇でも前に進むしかありません。唯一の救いは懐中電灯の役割をしてくれている家族の存在でしょうか。支えてくれていることに感謝して、これからも道なき道を進んでいきます。



スポンサーサイト
スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

提案型記事は、読者へ寄り添って書くので親しみが生まれやすい!そんな提案記事について軽く触れてるよ

スポンサーリンク

だいぶ前になりますが、WEBライターが書く記事のスタイルについて紹介しました。


詳しくは下記のURLを参考にしてくださいね。


http://pyureri.blog.fc2.com/blog-entry-311.html

http://pyureri.blog.fc2.com/blog-category-98.html


前回で、「解決型」というWEBライターが頻繁に書くであろうスタイルを説明して完了しました。


そこで今回は、「提案型」について書き方などを紹介していこうと思います。


■あまり使わない



以前にも紹介していますが、「提案型」の記事スタイルをWEBライターが書く機会というのはそこまで多くはありません。


以前の記事で「kataribe」を挙げましたが、ああいった自分で自由に記述できるスタイルでないと厳しいんですね。


解決型では、「ですます調」が最もしっくりくる語尾ですが、提案型は提案する種類によっては「口語体(話し言葉:だよね。そう思わない?などの会話コトバ)の崩れた表現を与えたほうが読み手に伝わりやすくなります。


ブログルポや企業との契約などにおいては、一般的なですます調が主流ですので、自然と「提案型」のスタイルで記事を書くことは少ないのが現状でしょう。


■相手の悩みや不安に提案ができる



読者が検索をして記事にたどり着きました。何かしら疑問や悩み、不安を抱えており、その解決のためのヒントを探してきている人がほとんどでしょう。


どう読者にヒントを与えていくかは、記事を書く側のセンスや個性が求められます。解決型で淡々と、でも確実にヒントとなる情報を与えるのも分かりやすくて素晴らしい。


提案型で、今までになかった情報を与えるのも価値の高い方法です。


解決型でも提案は可能です。しかしそれは客観的な内容に沿っている必要があります。


提案型における提案内容は、客観的な部分を「自分なりの表現」でまとめていますので、記事に対して親しみが生まれます。


変な表現ですが、解決型はどこか冷静で突き放したような雰囲気が全体からします。人の感情が入っていないので無機質なんですね。


提案型は、語尾が話し言葉ということもあり、親しみが生まれますし暖かみもあります。読者に寄り添うような表現が特徴です。


■提案型はブログのようなスタイル




簡単に言えば、ブログで書くような柔らかい感じで記述していけば、提案型としてはバッチリなんだろうなと思います。


解決型では表現できなかった、砕けた、柔らかいものを柔軟に、場合によっては顔文字を入れてみるのも面白いかもしれません!


・・・


どうでしょうか。


提案型の記事のスタイルについて、少し雰囲気は掴めましたか?


ではどういった書き方をしていけば良いのかは、長くなりましたので次回で紹介したいと思います!



スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

思考停止の恐怖その2

スポンサーリンク

WEBライターで記事を書いていると、つくづく「思考停止は怖いな~」って思ってしまいます。


もう1年以上前にこのブログで記述したことですが、ネットを使って自宅で仕事をする際には、甘い誘惑に気をつけるように指摘しました。


「月50万円を1日1時間の作業で稼げる!」


「【専門知識不要!】貯金・車ナシだったオレが年収2千万円突破できたワケ」


こういった魅力的な広告が山のように溢れています。確かに自宅で楽にお金を稼げたら苦労はしませんよね。


甘い話には確実にウラがあります。短時間でそんなに儲けられるなら、そんな方法を数万円かそこらで商材として販売するわけないじゃないですか(笑)


ちょっと考えれば、「おかしいな?」と気付くことができるものばかり。


「成功した人がいっているんだから」


「東大卒の人が自信を持って伝えているんだから」


「他の人とオレは違うから大丈夫だろう」


捉え方は違えど、こちらが思考停止をしてしまうと洗脳されてしまいます。


WEBライターとして記事を書くときには、決してウソを記述してはいけません。自分の意見を述べるときには、「個人的な意見ですが」と前置きをおかなければ、読み手に違う解釈で受け取られてしまう可能性があります。


書き手がどういう意識で記事を書くかによって、読み手の受け止め方が変わります。WEBライターが思考停止になっていると、結果的にウソの情報を与えてしまう可能性がありますので、常に「本当だろうか?」という疑問、疑念を持つようにしましょう。


・・・


仕事の面で「思考停止の恐怖」を実感していたのですが、実社会においても深刻な問題だと感じています。


伝えられたことをそのまま鵜呑みにして、吸収してしまう。自分で思考せずに、その意見が正しいと感じてしまう。雰囲気で、その時代の流れで考えが変わってしまう。


私がこう感じるのは、政治や経済、科学分野の話題ですね。賛否がある問題ばかりですから、ここで私がどう思っているかについては避けます。


根本的な問題として、賛成だろうと反対だろうと、まずはしっかりと思考して様々な人の意見を聞き総合的に判断するのが基本ですが、それができていない人があまりにも多いなと感じます(昔からそうなのかもしれないけど・・・)。


多くはテレビや新聞、雑誌などの情報をそのまま自分で考えることせずに鵜呑みにしてしまっています。


専門家が言っているから。大学教授が言っているから。多くの人が反対しているから、デモをしているから。


これでは操り人形になってしまいます・・・。


物事はやはり両方から見つめなければ全体を把握することはできません。メリットもあればデメリットがあるのが当然なんですからね。


流れた情報をそのまま受け取り、それが自分の意見になっているなら、それを語る資格はありません。


・・・


ちょうど安全保障の問題が毎日のように報道されていますので、例にあげてみたいと思います。


私はあまりニュースを見るほうではありませんが、ここまで毎日報道していれば多少は耳に入ってきます。


テレビや新聞では、「戦争法案」「徴兵制の復活」「自衛隊が戦死する日」を伝えていますね。詳しくはありませんが、学者や学生、子供を持つママ、市民団体などが毎日全国各地で抗議をしているようです。


でも違和感を感じたのはつい最近。あまりにも反対の意見しかテレビや新聞からは流れません。街の人の意見でも反対のものばかり。コメンテーターも学者も専門家も、出てくる人の意見が全部反対で一致。


そこでネットで政府が公開している情報、テレビ等では流れない賛成側の意見、考え方などをちょっとだけ見てみました。


流れてきた情報を鵜呑みにせず、自分が使える情報収集ツールを駆使して、自分で問題に向き合ってみる。これこそが「思考」です。


感情、その場の雰囲気、流れだけで意見が変わったら、記事なんか書けません。あくまでも事実だけを伝え、読み手に考えるきっかけ、参考になるものを届けるのがWEBライターの仕事ですからね。



スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif
プロフィール

山猫

Author:山猫
在宅の仕事をして生活をしています。世の中には様々な環境があり、外で働きたくても働けない人も多くいます。

そんな人に、どうすれば在宅でお金を稼ぐことができるのかを自身が体験し、それを分かりやすくまとめました。

ここに書いてあることは、楽に稼げるものではありません。それでも、地道な行動が結果的にお金を稼ぐことに繋がります。

一緒に頑張っていきましょう!


※WEBライター同士のコミュニティ空間を開設しました。ここでWEBライターでの悩みなどを共有して頑張るチカラに変えてみませんか。

下記をクリックがタップすればコミュニティーに参加できます!
https://chatwork.com/g/2quil7ffr0cvl3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
質問箱
検索フォーム
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。