スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

WEBライターが自分日記に記す項目 1:どれくらいで脳が疲れるか

スポンサーリンク

前回は、休憩の取り方について見ていきました。


ただ単に休憩を取れば良い訳ではないという点を、理解できたのではないでしょうか?


今回は、前回の記事で出てきた「自分日記」に記載するべき1つ目の項目を見ていきます。


前回の記事は↓をクリック(タップ)すれば閲覧できますので、よかったらどうぞ!


http://pyureri.blog.fc2.com/blog-entry-359.html


1:何時間で脳が疲れるのか


記事を書き続けていると、脳は当然疲れてしまいます。


疲れた脳のままで記事を書くと、頭がボーっとしているのでスムーズな執筆が難しいでしょう。


効率も悪くなってしまうので、時給が低くなることも予想されます。


しかし、どれくらい書き続けると脳が疲れるのかは、個人差が大きいところ。


その日の体調や、午前中なのか、午後なのかによっても違ってきます。


そこで「自分日記」の出番です。


日記に、自分がどれぐらい脳を使い続けると疲れてしまうのかを毎日記録していきます。


1日だけではなく、最低でも30日、できれば100日記録し続けてください。


すると自分の脳がどれくらいで悲鳴をあげるのか、客観的に把握が可能です。


それに合わせて休憩時間を設けてあげるのが理想と言えるでしょう。


私の場合は、午前中は調子良いようなので午後1時までは90分記事書いたら10分休憩を繰り返しています。


午後になると、急激に脳の活動が弱まるので集中力が続かず、90分書き続けるのがシンドイ…。


そのため、午後は60分書いたら10分休憩という具合にしています。


自分自身の脳に合った休憩時間を見つけるためにも、「自分日記」は欠かせないと私は感じています。



・・・


自分日記に記すべき1つめの項目、「何時間で脳が疲れるのか」について見ていきました。


人によって休憩する時間や間隔は変わってきますので、自分に合う方法を見つけることがとても大切です。


次回は、「脳を回復させるには何をしたら良かったか」という点について考えてみますね。



スポンサーサイト
スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

WEBライターは実際にどうやってお金を稼ぐの?その3:休憩の取り方

スポンサーリンク

前回は、時給換算の重要性について見ていきました。


WEBライターは、アルバイトのように時給制ではないので、自分で時給換算することが何よりも大切です。


※前回の記事は↓からご覧いただけます。

http://pyureri.blog.fc2.com/blog-entry-358.html


さて、今回は2番目「休憩の取り方」について考えてみますね。


2:休憩の取り方


WEBライターは、記事を書き続けなければお金を稼げません。


つまり、休んでいる暇はないんですね。


しかしながら、記事を書き続けていると指先も脳も疲れてしまいます。


効率よく記事執筆をしたいなら、脳が疲れたままではいけません。


適度に休憩を挟んで、脳をリフレッシュさせることはWEBライターで一定の金額を稼ぎたいなら欠かせないのです。


では、どのようなやり方で休憩を取るべきなのでしょうか?


2-1:効果的な休憩の取り方


私の経験上、休憩は適当に取れば良いものではないと感じています。


そして人によって脳の疲れ方、体の負担は大きく異なります。


私の休憩の取り方が、必ずしも全員にとって効果的とは限らないんですね。


そこでまずは、「自分に合った休憩の取り方」を考えていく必要があります。


どうやって、自分に合う休憩の取り方を見つけられるのでしょうか?


それは「日記」です。



2-2:自分日記を作ろう


自分を把握するには、客観的に自分を見つめなければいけません。


そして忘れてしまわないうちに、日記として自分の状態を記録するのです。


長ったらしく書くと、継続が困難になるので箇条書きでも良いので自分の状態を記し続けます。


これを続けると、自分のコンディションの推移や脳がどの程度で疲れるのか、といった点を把握できるので便利。


ここから、効果的な休憩を探します。


私が初期の頃、日記に書いていたのは以下のような点です。


・何時間で脳が疲れるのか
・脳を回復させるには何をしたら良かったか
・朝型なのか夜型なのか
・どんな誘惑に負けてしまったのか


この部分を日記に書いていったら、自然と休憩するタイミングを掴めるようになりました。


では、どうして上記のような点を日記に書いていったのかについて、次回から詳しく見ていきますね!


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

続きを読む

WEBライターは実際にどうやってお金を稼ぐの?その2:時給換算しよう

スポンサーリンク

前回、WEBライターが記事を書いてお金を稼ぐには、どんな方法を用いるのが効果的なのかについて紹介しました。


今回は、効率よく記事を執筆するために必要な点について見ていきます。


この部分はWEBライターでお金を稼ぐなら、まず把握しておくべき大切な事柄ですので2~3回ぐらいに分けて紹介しますね。


1:時給換算

2:休憩の取り方


まずはこの2つについて、考えてみます。


1:時給換算


WEBライターは外でのアルバイトとは違い、時間給ではありません。


執筆を止めたらお金を稼げないので、出来る限りカタカタ打ち続ける必要があります!


そこで是非とも実践してもらいたいのが、「時給換算」です。


WEBライターは時間給で決まったお金を稼げる仕事ではないので、どれぐらい1日でお金を稼げるのか不透明。


自分の実力を把握するためにも、時給換算するクセを身につけてください。


現状1時間でどれぐらいお金を稼げるのかが分かれば、1日何時間記事を書けば良いのかある程度の目安が立てられますよね?


時給換算をしないで記事を書き続けると、効率が良いのか悪いのか分からなくなってしまいます。


WEBライターでお金を稼ぎたいなら、まずは時給換算をしてみてください!


そうすることで、自分の中でリズムが出来上がる為、効率よく執筆が可能となりますよ。


長くなりそうなので、今回はここまでにします。


次回は、2:休憩の取り方について見ていきますね。


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif
プロフィール

山猫

Author:山猫
在宅の仕事をして生活をしています。世の中には様々な環境があり、外で働きたくても働けない人も多くいます。

そんな人に、どうすれば在宅でお金を稼ぐことができるのかを自身が体験し、それを分かりやすくまとめました。

ここに書いてあることは、楽に稼げるものではありません。それでも、地道な行動が結果的にお金を稼ぐことに繋がります。

一緒に頑張っていきましょう!


※WEBライター同士のコミュニティ空間を開設しました。ここでWEBライターでの悩みなどを共有して頑張るチカラに変えてみませんか。

下記をクリックがタップすればコミュニティーに参加できます!
https://chatwork.com/g/2quil7ffr0cvl3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
質問箱
検索フォーム
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。