スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif

WEBライターが自分日記に記す項目2:脳を回復させるには何をしたら良かったか

スポンサーリンク



前回は、自分日記に記載するべき1つ目の項目、「何時間で脳が疲れたか」について見ていきました。


脳の疲れ具合は人によって、また同じ人でも体調や環境によって大きく変わります。


私とアナタとでは、脳の疲れ具合が違っているんですね。


なので他の人の休憩時間などは参考にはならず、自分で自分の脳を把握する必要があるのです。


今回は、自分日記に記載するべき2つ目の項目、「脳を回復させるには何をしたら良かったか」について見ていきます。


2-1:脳を回復させるには何をしたら良かったか




脳が疲れる時間などを客観的に把握できても、「効率の良い休憩」になるかと言われれば、決してそうではありません。


疲れた脳を短時間でどれだけ回復することができるかも、WEBライターなら押さえておきたいポイントです。


脳が疲れたままだと、記事執筆のスピードが自覚できるほどに落ちてしまい、生産性が下がってしまいます。


これでは目標とする金額を稼ぐのが難しくなってしまうでしょう。


休憩時間に意識して欲しいのが、「どんな行動をしたら、脳を回復することができたか」です。


ここを自分日記に書き続けていきましょう。


2-2:いろいろ試してみる




「脳を回復させる方法」は、脳が疲れるタイミングを把握するよりも難しいと、私は思っています。


たとえば、脳の疲れを取るのに適しているものとして、「チョコレート」が知られていますよね。


脳の栄養源は糖分だから、チョコレートを摂取するのが良いというのは理屈通りかもしれません。


でも人間の体ってそんなに単純なのかな?


私も最初は休憩時間を利用してチョコレートを食べていました。


最初は「効果あるかも?!」と思ったのですが、特に変化を感じられることはありませんでした…。


脳を回復させる方法は、かなり個人差があるので、自分でいろいろ試してみる必要があるでしょう。


チョコレート、コーヒー、納豆、炭水化物…etc


ネットなどで調べて、脳の回復に良いとされるものを試してみましたが、脳が回復したような気はしません。


試行錯誤の結果、自分の脳を回復させる一番の方法は、「スクワットと深呼吸」でした(私の場合ね!)。


記事執筆をしているとき、おそらく姿勢が悪いんでしょうね。


呼吸が知らず知らずのうちに浅くなって、脳に十分な酸素が供給されなくなっているんだと思います。


ですから休憩時間を利用して、脳の酸欠状態を解消させる実験を何日か行いました。


その結果、私にとってはこの2つが脳を回復させるのに最良な方法だと判明したのです。


・・・

今回は、自分日記に記す2つ目の項目、「脳を回復させるには何をしたら良かったか」について見ていきました。


脳を回復させる方法は、探してみると結構あります。


その中からどれが自分にとって一番良い選択なのかは、実験を繰り返してみなければ分かりません…


実験結果を自分日記に書き続けることで、自分にとって最良の方法が把握できるでしょう。


次回は、ちょっと前にも触れましたが、「朝型なのか夜型なのか」について、見ていきますね!


※できるだけ、毎日更新できるように頑張ります…。





スポンサーサイト
スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

banner.gif
プロフィール

山猫

Author:山猫
在宅の仕事をして生活をしています。世の中には様々な環境があり、外で働きたくても働けない人も多くいます。

そんな人に、どうすれば在宅でお金を稼ぐことができるのかを自身が体験し、それを分かりやすくまとめました。

ここに書いてあることは、楽に稼げるものではありません。それでも、地道な行動が結果的にお金を稼ぐことに繋がります。

一緒に頑張っていきましょう!


※WEBライター同士のコミュニティ空間を開設しました。ここでWEBライターでの悩みなどを共有して頑張るチカラに変えてみませんか。

下記をクリックがタップすればコミュニティーに参加できます!
https://chatwork.com/g/2quil7ffr0cvl3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
質問箱
検索フォーム
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。