FC2ブログ

SNSとキミと恋愛と・・・

2015年02月20日
0
0
[日記]日記
27歳にもなってくると、高校生の思い出も少しずつ怪しくなっていくものです。私が高校生の頃は、携帯を持っている人は少なくメールや電話程度の機能しかありませんでした。


相手(気になる異性)にメールを送っても返事が返ってこないだけで、「嫌われたのかな?」とか「勉強の邪魔しちゃったかな?」なんて考えていたものです(笑)。


相手が何をしているか分からない、どんな状態にあるのか把握できていないというのは、心が落ち着きませんよね。そこで「自分はあの子のコトが気になっているんだな」と実感し、好きな気持ちが膨れていったことを覚えています。


携帯も無かった時代の1970年代。高度経済成長で国民の所得が少しずつ向上していき、男女の付き合い方も欧米の影響を受けるようになり、様々な変化が生じた時期です。


この頃は、気になる異性の実家に電話をするのもドキドキもの。「もし父親が出たらどうしよう」とか必死に考えていたようです(聞いたお話)。なんとか電話をして、娘さんに代わってもらいデートの約束をします。


デートまでの間は当然メールもありませんから、頻繁に連絡は取れませんので何をしているのか分かりません。


「ああ、あの子は今頃何をしているのかな?」と、星空を眺めながら想像していたようです(これも聞いたお話)。


相手が何をしているか分からない。どんな生活を送っているか、どんな時間を過ごしているのか分からない状態は、もどかしい気持ちにさせます。


そして、相手のことを何度も何度も考え想像するので、余計に好きになるのです。なんとも甘酸っぱいですねぇ!


しかし、ここにきてSNSが登場しました。


「今日何をしていた、どんな時間を過ごしていた、こんな人と遊んでいた。」


写真付きで、スタンプ付きで、詳細に投稿されています。


想像するしかなかった、会えない間のあの子の日常が、SNSを見ればすぐに分かっちゃう。


これはとても便利で素晴らしいことだけど、昔のようなドキドキは消えうせてしまいますね。そして別の感情が沸き起こるのではないでしょうか。


「あれ、その日は予定があるとか言ってたけど、女友達と遊んでいるだけじゃん!」


「結局私よりも、あの子のほうが好きなんだろうな!何でなんでナンデ!!」



気になる異性の日常がすぐに確認できてしまうと、些細なことで嫉妬しちゃいますよね。大人なら理性が働いて抑えることができるかもしれません。


しかし、高校生などの思春期の子は、かなりツライ毎日を送っているんじゃないかなって思うんですよね・・・。


私が高校生の頃は、SNSなんてありませんでしたから、逆に幸せだったかもしれません。今の思春期の子供たちは、本当に難しい人間関係を築いているんだろうなって感じます。


恋愛未経験な若者が増えていると言われているけど、すぐに気になる人の日常が分かっちゃったら、興ざめしちゃうような気もします。恋愛感情まで発展する前に、そういった気持ちが無くなってしまうんでしょうね。


時代が便利になっても、人間の本質は変わりません。


想う人が遠いほど、恋の炎はより激しくなるのです。

スポンサーサイト
山猫
Posted by 山猫
在宅の仕事をして生活をしています。世の中には様々な環境があり、外で働きたくても働けない人も多くいます。

そんな人に、どうすれば在宅でお金を稼ぐことができるのかを自身が体験し、それを分かりやすくまとめました。

ここに書いてあることは、楽に稼げるものではありません。それでも、地道な行動が結果的にお金を稼ぐことに繋がります。

一緒に頑張っていきましょう!

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply